HOME >  修了生等紹介

修了生等紹介

最終更新日 2018.05.18

思修館プログラム履修生および総合生存学館学生の進路先一覧(抜粋)

[国際機関]
国連食糧農業機関(FAO)
世界知的所有権機関(WIPO)
世界銀行

 
[行政機関]
外務省
在ナイジェリア日本国大使館
在エジプト日本国大使館
内閣府

 
[研究機関]
京都大学高等教育研究推進開発センター
神戸大学大学院

 
[企業]
エイムネクスト株式会社
みずほ情報総研株式会社
シンプレクス株式会社

 

思修館プログラム履修生および総合生存学館学生の在学中の活動や進路の例

2017年度

キーリー アレクサンダー 竜太
専門:環境経済学、国際経済学
詳細 平野 実晴
専門:国際法
詳細 李 善姫
専門:有機化学
詳細

2016年度

李 信恵
専門:栄養化学
詳細 白石 晃將
専門:微生物学
詳細

 

2017年度

キーリー アレクサンダー 竜太

入学 2013年
修了 2018年
学位 博士
専門 環境経済学、国際経済学





論文 QE1 Renewable Energy in Pacific Small Island Developing States: the role of international aid and the enabling environment from donor’s perspectives
QE2 International Finance in Renewable Energy in Developing Countries
ワーキングペーパー Developing Assessment Guideline for FDI in Mini-Hydro Energy through Social Implementation in Japan and Analysis of Enabling Environment in Indonesia
博士論文 Foreign Direct Investment in Renewable Energy in Developing Countries 準備中
ジャーナル論文 Determinants of Foreign Direct Investment in Wind Energy in Developing Countries;
Investors’ Perspective on Determinants of Foreign Direct Investment in Wind and Solar Energy in Developing Economies – Review and Expert Opinions;
他5本(国際誌計3本, 国内誌計4本)
詳細
詳細
海外武者修行先 2016年4月~2016年9月
国際エネルギ機関(IEA)
2016年10月~2017年2月
国連開発計画(UNDP)
詳細
アピールしたいこと 研究と実務、日本と世界の架け橋となれるよう活動しています。
現在の仕事
(2018年4月時点)
会社名
①九州大学工学研究院 環境社会部門・都市環境システム工学, ②世界銀行東京防災ハブ, ③糸島小水力発電㈱
職種
①非常勤研究員, ②コンサルタント, ③代表取締役

平野 実晴

入学 2013年
修了 2018年
学位 博士
専門 国際法





論文 QE1 民営化された水道事業における紛争を扱う投資条約仲裁の判断構造に関する研究
QE2 The Realisation of the Human Right to Water under International Law: The Roles of Global Administrative Mechanisms
ワーキングペーパー ‘Translators’ Wanted: The Roles of Legal Experts in the Time of Global Water Governance
博士論文 The Legal Structure of Global Administration for the Realisation of the Human Right to Water 準備中
ジャーナル論文 Miharu Hirano and Shotaro Hamamoto. “Is Investment Arbitration Inimical to the Human Right to Water?: The Re-examination of Arbitral Decisions on Water Services”, in Julien Chaisse (ed.), Charting the Water Regulatory Future: Global Challenges in Water and Sanitation (Edward Elgar), pp. 145-166 (2017). 詳細
Miharu Hirano. “Public Participation in the Global Regulatory Governance of Water Services: Global Administrative Law Perspective on the Inspection Panel of the World Bank and Amicus Curiae in Investment Arbitration”, Utilities Policy, 43(A), pp. 21–31 (2016). 詳細
海外武者修行先 2016年4月18日~2017年2月24日
国際水協会(International Water Association: IWA)
詳細
アピールしたいこと 「国際法で水を見る」という姿勢を5年間貫きました。
現在の仕事
(2018年4月時点)
会社名
日本学術振興会
職種
特別研究員(PD)

李 善姫

入学 2013年
修了 2018年
学位 博士
専門 有機化学





論文 QE1 Novel Ways to Improve the Catalytic Activity of Thiourea Catalysts
QE2 Novel Ways to Improve the Catalytic Activity of Thiourea Catalysts
ワーキングペーパー A scheme of promoting innovations in upstream scientific research in the fight against malaria:
Through a pilot initiative
博士論文 An Integrated Approach to Combat Diseases of Poverty : Malaria as an example 準備中
海外武者修行先 2016年05月01日〜2017年04月30日
世界知的所有権機関(WIPO)
詳細
現在の仕事
(2018年4月時点)
会社名
WIPO
職種
Project consultant

 

2016年度

李 信恵

入学 2012年(プログラム1期生)
修了 2017年
学位 博士
所属・専攻 農学研究科 食品生物科学 栄養化学





論文 QE1 油脂の美味しさ
QE2 CD36 gene deletion reduces olfactory perception of oxidized phospholipid in mice.
ワーキングペーパー 消費者インサイトと官能評価
博士論文 Studies on the expression and role of a transmembrane receptor CD36 in the mammalian olfactory system
海外武者修行先 2015年6月26日~2016年3月18日
Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation(CSIRO)
現在の仕事
(2017年4月時点)
会社名
エイムネクスト株式会社
職種
コンサルタント

白石 晃將

入学 2012年(プログラム1期生)
修了 2017年
学位 博士
所属・専攻  農学研究科 応用生命科学専攻 (微生物学)





論文 QE1  メタノール資化性酵母Candida boidiniiの植物葉上における窒素源利用とストレス応答
QE2  C1微生物の植物表層における窒素源利用とストレス応答に関する分子機構の解明
ワーキングペーパー  思修館での5年間の軌跡と将来形成への寄与
博士論文  (英名)Regulatory mechanism of nitrogen metabolism and stress response in the methylotrophic yeast Candida boidinii
(和名)メタノール資化性酵母Candida boidiniiにおける窒素代謝とストレス応答の制御機構
海外武者修行先  2015年3月23日~2016年2月28日
国連食糧農業機関(FAO)
現在の仕事
(2018年4月時点)
会社名
国連食糧農業機関(FAO) Food Safety and Quality Unit
職種
ジュニア専門官(Junior Professional officer)
以前の仕事
(2017年4月時点)
会社名
外務省経済局経済安全保障課
職種
国家公務員