HOME >  教員紹介

教員一覧

専任教員

  • 池田 裕一 教授

    経済・社会物理学、複雑系科学、エネルギー安全保障

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    Ultimate Fate of the Economy

    池田 裕一 教授

    新興国の台頭を伴う経済のグローバル化が進展しています。活力ある経済発展の一方で、間断のない金融・経済危機や、エネルギー・資源の有限性や環境破壊などの複合的問題が顕在化しています。 現在の延長上の地球は、どの国も豊かになる平衡状態に達するのか、またはカタストロフィーを迎えるのか?誰も自信を持って答えることはできません。個別の学問分野では対応しきれない、21世紀初頭に現れた新たなフロンティアだからです。 私は、この時代に巡り合った皆さんは幸運だと思います。新たなフロンティアへ挑戦する過程で、困難や挫折を経験するでしょう。しかし、その努力は必ず報われます。世界は皆さんの挑戦を見ています。安心して、果敢に挑戦して頂きたい。 最後にひとこと。“A rolling stone gathers no moss, but it acquires transferable skills.”

  • 河合 江理子 教授

    異文化コミュニケーション、グローバル人材育成、資産運用

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    国際的なキャリアを応援します

    河合 江理子 教授

    将来グローバルな仕事をしたいと考えている皆さんへ。 私は日本の高校を卒業後、米国のハーバード大学で学士、フランスのINSEADでMBAを取得した後、25年近く欧州で仕事をしました。パリのマッキンゼーで経営コンサルタント、ロンドンでファンドマネージャー、ポーランドで民営化など仕事に携わった後、国際公務員としてスイスにあるBIS (国際決済銀行)とパリのOECDで年金基金運用の仕事をしてきました。そして30年に及ぶ海外で培われた知識と経験を、お伝えしたいと思い2012年に京都大学に着任しました。私の講座ではプレゼンや交渉力、異文化コミュニケーションを教えています。

  • 櫻井 繁樹 教授

    資源、エネルギーに係る政策、産業構造

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    資源エネルギー政策から総合生存学へ

    櫻井 繁樹 教授

    30年にわたる経済産業省、外務省、文部科学省における政策実務等をベースに、平成24年7月から思修館に赴任し、地球環境問題も視野に入れた国際資源エネルギー政策、ものづくり政策等から総合生存学への展開を研究しています。授業においては、上記研究をベースに国際競争力創成の視点を持ってグローバルベースでの経済社会の高度化を追求するとともに、4年次の海外武者修行(フィールドワーク)を担当し国際実践教育等に注力することにより、学生諸君にはグローバルリーダーという観点から常に自分を俯瞰的に見続け世界大で活躍出来る人間を目指してほしいと考えています。 「知は現場にあり」を基本とし、共育(教え育てるの教育ではなく、学生、教員が共に育つ)という理念を持って、私は皆さんとともにこれに臨みたいと願っています。

  • 積山 薫 教授

    生涯発達心理学、認知神経科学、認知症予防介入研究

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    学生へのメッセージ

    積山 薫 教授

    人間の認知システムの可塑性について研究してきました。これまで、逆さメガネの長期着用実験などを積み重ね、人間がそのような環境の激変に適応する能力の凄さには感嘆しています。そして、使わないことによる脳の衰えも危惧します。今、私はライフスタイルによる脳のアンチエイジングや認知症予防介入研究に超学際的に取り組んでいます。世界に先駆けて超高齢社会を迎えた日本においてこの問題を研究することは、将来の世界に貢献する知見を得ることになるでしょう。総合生存学館で、一緒にこの問題に取り組みませんか。

  • 高島 宏明 特定教授

    国際協力(開発援助、評価、市民参加)、開発教育

    教育研究活動データベース

    学生へのメッセージ

    学生へのメッセージ

    高島 宏明 特定教授

    2015年、国連は「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択しました。そこに掲げられた17の持続可能な開発目標(SDGs)は2030年に向かって国際社会が取り組むべき指針です。世界の約200の国々の3/4は開発途上国であり、2000年以降、経済発展やミレニアム開発目標(MDGs)への努力により貧困削減や教育・保健分野で大きな進展がみられましたが、多くの国はまださまざまな課題を抱えています。途上国4か国での駐在を含む長年の国際協力機構(JICA)での経験を活かして、国際社会がどのように開発の問題に向き合っていくのか、日本社会の現状や課題にも思いを巡らしながら、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

  • 寶 馨 教授

    水文学、土木工学、自然災害科学、防災技術政策

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    学生へのメッセージ

    寶 馨 教授

    映画サウンド・オブ・ミュージックで、悩み事を抱えていた主人公マリアに修道院長がClimb every mountain と歌う(ミュージカルだから)。マリア、夫となったトラップ大佐、7人の子供たちの家族連れがオーストリアからナチスの手を逃れてスイスに向かおうとする時、長女の恋人がドイツ側の兵士として家族に対峙した。トラップ大佐は彼に You’ll never be one of themと言った。
    この二つの言葉は、私の座右の銘になっている。
    Climb every mountainは「あらゆる困難に立ち向かいなさい」ということであり、Never be one of themは「皆に埋没するな、大勢に迎合するな、自分で考えろ、オリジナリティーを発揮せよ」ということである。
    この映画を日本語訳で見ていたら、私も何のことかわからなかったかもしれない。単なる反戦映画なんかではない。時代背景として戦争という題材を使ってはいるが、人生の教訓が多分に含まれた素晴らしい名作である。
    学生諸君、総合生存学館(思修館)において、様々なことを学びまた研鑽して、自分らしいダイナミックな人生を切り拓いていってほしい。

  • 山口 栄一 教授

    物理学、イノベーション論

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    知を越境できる人間こそが、未来をデザインできる

    山口 栄一 教授

    1990年代後半まで20年余、私は純粋物理の研究とくに次世代半導体の量子力学にかかわる研究をしてきました。ところが1990年代、世界のイノベーションモデルが大きく変容してそれに日本が付いていけなくなっていることに気づきます。そこで私は、イノベーション戦略の研究に回遊して、日本のイノベーションを阻むものは何かを探りはじめました。それから15年。日本の周回遅れはさらに酷くなり、日本のサイエンス型産業は凋落して、新しいイノベーションモデルに移行できないまま漂流しています。今こそ知を縦横無尽に越境しながら、ついに日本の針路を見出していく人物が必要です。科学とイノベーションをつなぎ、日本の未来ビジョンをデザインできるイノベーション・ソムリエを育てます。

  • 山敷 庸亮 教授

    水資源工学、水環境工学、沿岸海洋学

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    未来の地球を担う本物のグローバルリーダーたれ

    山敷 庸亮 教授

    私は南米ラプラタ川流域のダム開発と、関連する環境問題解決のための流域間の枠組づくりを長年にわたってUNEP, UNESCOらの国連機関とともに行ってきましたが、3.11事故以来は、広域災害や福島第一原発事故関連の調査研究に関わっています。   持続的発展と地球との共生、地域環境の保全と雇用の増加など、相反する二つの目標を掲げてゆかねばならない現代。これらに関する学問を「総合生存学」と名付けてその解決策を模索しております。真のグローバルリーダーは、地球規模の諸問題についての深い理解と現況を把握する優れた洞察力が必要で、またいざ行動するとなれば、世界のリーダーや国際機関を巻き込んで迅速に動かなければなりません。   そのような本物のグローバルリーダーを総合生存学館で育ててゆければと考えています。

  • IALNAZOV, Dimiter Savov 教授

    制度派経済学、経済開発

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    Searching for solutions of economic development problems

    IALNAZOV, Dimiter Savov 教授

    My research is about policies and institutions for economic development in the age of globalization. About 20 years ago I started by asking myself two simple questions: (1) why are certain countries more successful than others in achieving rapid economic growth and development, and (2) why do the outcomes of similar economic policies vary across countries? To answer the above questions, one should learn how to compare emerging and developing countries according to the ways in which they are integrated in the global economy, as well as the quality of their institutions. Students who would like to study under my supervision will need critical thinking about various theories of comparative economic development and a strong will to look for practical solutions (not necessarily based on those theories). Recently, my research has been shifting towards topics like “sustainable development”, “green economy” or “green growth”, and “green transformations” in emerging and developing countries. This implies that the future solutions of economic development problems should also include policies and institutions that reduce the damage to the natural environment and improve society’s resilience to natural disasters.

  • 金村 宗 准教授

    ファイナンス、エネルギー経済学、金融工学、リスクマネジメント

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    実務とアカデミアの融合に向けて

    金村 宗 准教授

    エネルギー市場・カーボン市場へのファイナンス理論の応用を研究しています。これは経営学におけるファイナンスの分野となります。 -アカデミアの知識を現実社会の問題解決に拡張することで実務上の問題に新たな視座からの解を得ること、そして実務で起こっている事象をアカデミアの脈絡で読み直しその内容を凝縮してアカデミアにおける新たな視点を得ること-この両方を同時に行う、実務とアカデミアの融合が世界レベルで進行しています。思修館ではこれまでの実務と研究活動の両方の経験を生かして、実務とアカデミアの融合を皆さんと一緒に実践していきたいと考えています。

  • 篠原 雅武 特定准教授

    哲学、環境人文学

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    学生へのメッセージ

    篠原 雅武 特定准教授

    自然科学の領域では、温暖化、異常気象、海面上昇といったエコロジカルな事態が人間生活に対し危機的な影響を及ぼすという見通しが出されています。これは、人間が生きていることの根本条件を理論的に会得し概念的に明確化するものとして哲学を考える立場からすると、人間の条件という哲学的な問題の再考を迫るものといえます。私自身は、あくまでも人文学の側にいる人間ではありますが、自然科学で示されている現実像を、人文学とりわけ哲学的な思考の根本における変容を迫るものとして受けとめ、人間の条件をめぐる世界観を新しく描き出すことを目指しています。その際は、自然科学から学びつつ、建築家や都市プランナーなどの実践家とも共同し考えていく学際的能力が不可欠であると考えます。

    これまでの著書
    『公共空間の政治理論』(人文書院、2007)『空間のために』(以文社、2011)『全-生活論』(以文社、2012)『生きられたニュータウン』(青土社、2015)『複数性のエコロジー』(以文社、2016)『人新世の哲学』(人文書院、2018)

  • 関山健 准教授

    国際政治経済学、環境政治学、法と開発

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    学生へのメッセージ

    関山健 准教授

    私は、財務省、外務省で政策実務を経験したのち、日本、中国、米国の大学院で学び、2019年から思修館の一員になりました。専門は国際政治経済学。特に、国境を越えて生じる政治と経済の相互作用が、環境、経済、社会の持続可能性に与える影響に関心を持っています。地理的には、外務省での東南アジア外交、NGOでの日中交流、日米中に関する研究など、アジア太平洋地域に関わる仕事を多くしてきました。また、一大学教員として、今も積極的に政府や自治体の政策形成に関わっています。皆さん、特に、政府・国際機関等の政策に貢献したい人、躍動するアジアで活躍したい人、持続可能社会の実現に尽力したい人、ぜひ一緒により良い未来を創りましょう。

  • 趙 亮 准教授

    情報学、特にデータ処理技術

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    情報技術を最大限に活用しよう。ただし効率的に、安全に。

    趙 亮 准教授

    おそらく皆さんは情報技術の利用には抵抗ないでしょう。しかしあなたはどれだけ情報技術を分かっていますか。わけの分からないトラブルで困ってしまったり、時間ばかり使って思うように成果が出なかったり、個人情報が心配だったりしていませんか。総合生存学館では、最新の情報技術を積極的に取り上げ、安全利用を前提に勉強と研究しています。ぜひ効率的に・安全に・最大限に情報技術を活用して下さい。

  • DEROCHE, Marc-Henri 准教授

    哲学、仏教学、比較思想史

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    Study, Reflection and Practice (聞思修): In Quest for Wisdom

    DEROCHE, Marc-Henri 准教授

    The model of “study, reflection and practice” (聞思修) has been used across centuries in Asia and Japan in order to express the way to grow in wisdom (智慧). Facing global challenges, we definitely need wise leaders. But what is wisdom? My goal is to offer to students the necessary historical and intellectual background in humanities and world philosophy, encapsulated by the ancient Greek maxim “Know Thyself” or its Buddhist parallel “To Know One’s Own Mind as It Truly Is” (如實知自心). Following a rather cross-cultural approach, I aim at giving students the necessary resources in order to adapt skilfully in intercultural environments, cultivating a deeper understanding of cultural diversity, minorities, and exchanges between civilizations. My own research focuses on the Buddhist “quest for wisdom” (philosophia) through textual and historical study, fieldwork research in Asia and the Himalayan regions, and interdisciplinary collaboration with other philosophers or cognitive scientists. In this way, I envision my contribution to Advanced Integrated Studies in Human Survivability according to (1) the preservation of the cultural and intellectual heritage of humanity, and (2) the constitution of a new body of knowledge, or “wisdom for survival,” based on the re-appreciation of the most fundamental virtues and human values that are vital for sustainable and harmonious coexistence.

  • 吉田 朋央 特定准教授

    マネジメント(研究開発、コンソーシアム、評価)、バイオミメティクス

    教育研究活動データベース

    学生へのメッセージ

    学生へのメッセージ

    吉田 朋央 特定准教授

    持続可能な発展のためには、エネルギー、環境、経済、生物多様性など、世界規模で取り組まなければならない課題が数多くあります。そして、これらの課題は複雑に絡み合っているため1つの専門分野だけでは解決できません。また、唯一の正解もありません。したがって、学問の境界を越えた高い視座から方向性を導き出して実践することが求められます。さらには、多様なチームを率いるマネジメント力と適度なバランス感覚も必要となります。よって、リベラルアーツはグローバルなリーダーやマネージャーには欠かせません。学生の皆さん。リベラルアーツを自分の強みとして磨いてみましょう。

特定教員等

  • 土佐 尚子 特定教授

    文化とコンピューティング、メディア芸術、アートサイエンスイノベーション

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    学生へのメッセージ

    土佐 尚子 特定教授

    社会はどんどん複雑になり、人々の仕事は忙しくなっていく。
    大切なことは、目に見えない。
    私は、現代人が自然に、健全に生きるため、全ての人にアートの心が必要だと思います。
    もし貴方が、アートの心を持てば、自然の隠れた美しさを発見することができるでしょう。
    隠れた美しさを見ることは、言語や文化の壁を越えることができます。
    なぜならば、私たちの心は、ひとつになっているから。

  • 水本憲治 特定助教

    白眉センター【部局連携型】

    感染症疫学

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    学生へのメッセージ

    水本憲治 特定助教

    人や物の往来の迅速化・大量化は、感染症の国境をなくさせ、ひとたび地球上のどこかで国際感染症が発生すると瞬く間に世界中を駆け巡る。感染症のグローバル化が急速に進んでいます。グローバル化する感染症にどう立ち向かうかというのは21世紀の人類の至上命題の一つになっています。実際、ここ数年だけでも、エボラ出血熱、中東呼吸器症候群(MERS)、ジカ熱の大規模流行が拡大し、人類へ脅威を与えたことは記憶に新しいことだと思います。 私は、グローバル課題としての感染症問題に対して、科学に基づいた適切かつ柔軟な政策意思決定の実現を目標に、そのリスクを可視化する研究をしています。感染症流行ダイナミクスを、統計・疫学・数理モデル等を用い、定式化・構造化して捉え、死亡・流行リスク推定、医学的介入(予防接種・予防内服)・公衆衛生的介入(検疫・接触者調査・学校閉鎖等)の効果推定、疾病負荷・費用効果分析等の定量的評価を行っています。 学生時代から、仲間との議論に加え、国内外の現場に通い、自分の眼で実際にみるように努めてきました。教育では、現場感覚を有し、真に必要なエビデンスを研究成果として提示でき、政策意思決の現場に還元できるコミュニケーション力を有する人材育成を目指していきます。

  • 楊 欽 特定助教

    メディアアート、現代アート、アートサイエンスイノベーション、創造活動の解明

    教育研究活動データベース

    学生へのメッセージ

    結局アートとは何か

    楊 欽 特定助教

    私も含めアート出身ではない人たちがよく考えることではないでしょうか。私が思うアートとは人類社会発展の最先端に存在する「思想」のことです。今までのファインアートより、現代アートにおいては作品自体の媒体が何であるかはそれほど重要ではなくなり、作者の思想とコンセプトがますます重視されていくのではないかと考えています。そして、思想というものは個人のそれぞれの経験から生まれたユニークなものであり、それこそがアートの意義だと考えます。
    私は京都大学の情報学を卒業した後、大手IT企業勤務とプロ写真家を経て、アートプロジェクトの立ち上げおよび写真の先生を経験してきました。少し異色のキャリアですが、作品づくりなどの創造過程においては今までの経験が役立つが多くありました。創造活動にはゼロから何か作り出すものや、既存の成果に基づいてさらに改良していくものなどが様々ありますが、私は二つのことを融合して新しいものを作り出すということに関心を持っています。
    総合生存学館は、「八思」という思想に基づいて幅広く教員と人材を集めている未来の学科です。それぞれの分野がお互いに刺激し合うことによってどのような化学反応が起きるのかが楽しみの一つです。総合生存学館で、一緒に分野を跨いだ自由なコラボをしてみませんか。

  • KAMRANZAD, Bahareh 特定助教

    白眉センター【グローバル型】

    再生可能エネルギー 、持続可能性、気候変動、数値モデリング、沿岸保護

    教育研究活動データベース

    ホームページ

    学生へのメッセージ

    学生へのメッセージ

    KAMRANZAD, Bahareh 特定助教

    再生可能エネルギーは、化石燃料がもたらす地球温暖化、気候変動といった悪影響を軽減するための適切な代替手段です。そのうち海洋エネルギーは沿岸地域のエネルギー需要の一部を提供しうる巨大資源であり、中でも波力は、最高度のエネルギー密度を持ちながら、発電所設置による見た目や環境への影響は最小のエネルギー源です。しかしながら、波から得られるエネルギー量は気候変動によって大きく左右されます。また、波力発電所の設置は、その地域の海況と沿岸の地形に影響を及ぼすとされています。そこで私の研究では、波力エネルギーの安定供給とその効率的利用を確かなものとするために、気候変動が波候に与える影響を評価し、沿岸部で起こりうる高波等の危険な事象を明らかにし、気候変動や波力発電所設置が海況や沿岸地形に与える複合的な影響を調査することに焦点を当てます。

協力教員

熟議担当講師

  • 有本 建男 特任教授

    政策研究大学院大学 科学技術イノベーション政策研究センター
    副センター長、客員教授
    国際高等研究所 副所長

    有本 建男 特任教授

  • 加藤 秀樹 特任教授

    構想日本 代表

    加藤 秀樹 特任教授

  • 久能 祐子 特任教授

    S&R財団
    理事長兼CEO

    久能 祐子 特任教授

  • 佐山展生 特任教授

    インテグラル株式会社 代表取締役パートナー
    スカイマーク株式会社 代表取締役会長
    京都大学大学院経営管理研究科 客員教授
    一橋大学大学院経営管理研究科 客員教授
    関西大学 客員教授

    佐山展生 特任教授

  • 千 玄室 特任教授

    裏千家今日庵 大宗匠

    千 玄室 特任教授

  • 中村 和男 特任教授

    シミックホールディングス株式会社
    代表取締役CEO

    中村 和男 特任教授

  • 中谷 日出 特任教授

    日本放送協会(NHK)解説委員(解説主幹)

    中谷 日出 特任教授

  • 藤原洋 特任教授

    株式会社ブロードバンドタワー
    代表取締役会長兼社長CEO

    藤原洋 特任教授

  • 望月 晴文 特任教授

    東京中小企業投資育成株式会社 代表取締役社長
    元経済産業事務次官
    株式会社日立製作所 取締役会議長
    伊藤忠商事株式会社 取締役
    一般社団法人サーキュラーエコノミー推進機構 理事長

    望月 晴文 特任教授

  • 森 雅彦 特任教授

    DMG森精機株式会社
    取締役社長






    森 雅彦 特任教授

  • 安田 貴彦 特任教授

    NTT東日本 特別参与
    NTT西日本 特別参与
    NTTデータ 顧問
    NTT都市開発 特別参与
    公益社団法人全国被害者支援ネットワーク 顧問
    第60代警察大学校長

    安田 貴彦 特任教授

  • 山崎 節子 特任教授

    前国際連合開発計画(UNDP)
    カンボジア事務所長

    山崎 節子 特任教授

  • 山脇岳志 特任教授

    朝日新聞編集委員

    山脇岳志 特任教授

  • Ralf Bebenroth 特任教授

    神戸大学経済経営研究所 教授

    Ralf Bebenroth 特任教授

非常勤講師

名前 所属 担当授業科目
岡田 憲夫 先生 京都大学 名誉教授 人間・社会・生態系のレジリエンスと持続可能性
清水 美香 先生
人間・社会・生態系のレジリエンスと持続可能性
環境防災生存学特論
磯部 洋明 先生 京都市立芸術大学美術学部美術研究科
准教授
科学・学術と社会のコミュニケーション
宇宙学
河合 美宏 先生 東京大学公共政策大学院 客員教授 ブルーオーシャン・シフト戦略論
坂元 一哉 先生 大阪大学法学研究科 教授 国際政治学
倉斗 宗覚 先生 裏千家 業躰正教授方 文化実習Ⅰ(茶道)
関根 宗中 先生 裏千家 事務総長 文化実習Ⅰ(茶道)
芦田 一馬 先生 遠州流 正風宗家
(京都いけばな協会)
文化実習Ⅱ(華道)
大津 光章 先生 都未生流 家元
(京都いけばな協会)
文化実習Ⅱ(華道)
桑原 仙渓 先生 桑原専慶流 家元
(京都いけばな協会)
文化実習Ⅱ(華道)
中野 恭心 先生 華道本能寺 家元華務長
(京都いけばな協会)
文化実習Ⅱ(華道)
西阪 専慶 先生 専慶流 家元
(京都いけばな協会)
文化実習Ⅱ(華道)
松本 司 先生 京都未生流 家元
(京都いけばな協会)
文化実習Ⅱ(華道)
中村 史朗 先生 滋賀大学教育学部 教授 文化実習Ⅲ(書道)