連絡先

• 電話  : 075-762-2126
• メール : deroche.marchenri.6u[at]kyoto-u.ac.jp
• オフィス: 京都大学東一条館


研究分野

  • 哲学
  • 宗教学
  • 仏教学
  • チベット・ヒマラヤ地域研究

研究テーマ

  • 持続可能な生き方の探求、文化横断的な智慧/知恵の概念、「生き方としての哲学」(ピエル・アド)、仏教における「聞・思・修」
  • 心身医学とマインドフルネスに基づいた介入法についての人類学的な哲学
  • 仏教における心の哲学、仏教の心理学、仏教の瞑想論
  • チベット仏教の伝統であるゾクチェン(rDzogs chen)における「正念」/ マインドフルネス ――ロンチェンパ(1308-1364)の作品を中心に(科研費若手研究B, 課題番号17K13328, 平成29年度−令和2年度)

プロファイル

 フランス出身です。今なお息づく仏教の伝統、特にチベットとヒマラヤ地域を中心に研究しており、広範囲な現地調査も行っています。また、2008年からは日本に在住しています。社会的な人類学において学士号と修士号(ボルドー大学、副専攻科目は哲学)を取得し、チベット言語文化において学士号(フランス国立東洋言語文化研究所、INALCO、パリ)を取得しました。その後、宗教学・東洋学において専門研究過程(DEA)を修了し、博士号(2011、高等研究実習院、ソルボンヌEPHE、パリ)を取得しました。2008年から2013年までは、文部科学省国費留学生として京都大学大学院文学研究科仏教学専修に在籍しました。出版予定の博士論文『Une quête tibétaine de la sagesse: Prajñāraśmi (1518-1584)』では、チベットにおける異なる宗派間の普遍的統一をテーマとし、インド・チベット系統の学問的釈儀やヨーガ行法に関する折衷的な著作を、伝統的な学習規範である三段階の智慧「聞・思・修」の分析を交えて研究しました。2013年、京都大学白眉センターにて特任助教に就任し、チベット仏教の最高哲学と称されるゾクチェンの心の哲学の研究を中心に行いました。
 2015年に京都大学総合生存学館(思修館)の哲学・人文科学分野の准教授に就任しました。思修館における私の貢献としては、人文学の古典 −「生き方としての哲学」(ピエル・アド)と特に仏教哲学の立場から− と心理学・医学の科学的知見を、マインドフルネスの概念と実践において橋渡しすることを志向しています。これらは仏教に起源を有しますが、この数十年間、科学的な研究がなされてきた中で、革新的な −したがって時折は疑念も残る− 苦悩の軽減と人類の繁栄を向上させるための社会実装を興隆させてきました。この目的との関係下で、私はMind and Life Institute(米国)のコラボレーター、そしてその後フェローを務めてきました。総合生存学館では、しなやかな強靭さを有し、心を満たされながら、倫理的で、責任感を有し、持続可能な生き方を追求していくべく、マインドフルリビング研究会を監修しています。現在は、マインドフルネスに関する2つの連関する著書執筆に注力しており、1つは人類学的な哲学に基づくマインドフルネスに関する随筆、もう1つはチベットの知識人ロンチェンパの作品に基づく仏教学専門書です。
 総合生存学館の学際性に鑑み、学生は私と、たとえば仏教学や日本哲学、教育、心理学といったマインドフルネスへの多様かつ補完的な視点を有する副指導教員とともに研究を進めていきます。

主な研究業績

  1. Deroche, M.-H. "Mindful wisdom: The path integrating memory, judgment, and attention." Asian Philosophy, 2021. DOI: 10.1080/09552367.2021.1875610
  2. Deroche, M.-H. “The Conversion of Attention: Mindfulness in Classical Dzogchen.” Philosophy East and West, 71-4, forthcoming October 2021.
  3. Deroche, M.-H. (Translated in Japanese from the English by Masatake Shinohara)「生き方としての哲学――「聞・思・修」の意義と可能性」("Philosophy as a Way of Life: Significance and Potentialities of 'Listening, Reflection, and Practice'"). In 池田裕一編『実践する総合生存学』京都大学学術出版会, Yuichi Ikeda (ed.), Human Survivability Studies in Practice. Kyoto, Kyoto University Press, forthcoming.
  4. Deroche, M.-H. “Quelle sagesse pour le XXIe siècle? Philosophie transculturelle des approches fondées sur la mindfulness” in Humanisme et Mindfulness, une éducation pour le XXIe siècle, Frédéric La Combe (L. Lhündroup), Annie Pech & Eveline Grieder (eds). Paris: Dervy, 2020, pp. 58-68.
  5. Deroche, M.-H. ‟Along the Middle Path, in Quest for Wisdom: The Great Madhyamaka in Rimé Discourses.” In The Other Emptiness: Rethinking the Zhentong Buddhist Discourse in Tibet, Klaus-Diether Mathes and Michael Sheehy (eds). New York: State University of New York Press, 2019, pp. 323-349.
  6. Deroche, M.-H. “Buddhist Philosophy as a Way of Life: Perspectives on the Three Wisdoms from Tibet and Japan.” In Dan Arnold, Cécile Ducher, Pierre-Julien Harter (eds), Reasons and Lives in Buddhist Traditions. Studies in Honor of Matthew Kapstein. Boston, Wisdom Publications, 2019, pp. 277-290.
  7. Deroche, M.-H. “On Being ‘Impartial’ (ris med): From Non-Sectarianism to the Great Perfection.” Paris: Revue d’Etudes Tibétaines, no. 44, March 2018, pp. 129-158.
  8. Deroche, M.-H. ‟Instructions on the Great Perfection. Jamgön Kongtrul.” In A Gathering of Brilliant Moons: Practice Advice from the Rimé Masters of Tibet, Holly Gayley and Joshua Schapiro (eds). Boston: Wisdom Publications, 2017, pp. 285-302.
  9. Deroche, M.-H., (French & English) “Les exercices bouddhiques du corps-esprit : contexte tibétain et enjeux transculturels”/ “Body-Mind Buddhist Exercises: Tibetan Context and Transcultural Issues.” Editorial for the Réseau Asie & Pacifique (GIS, CNRS, Paris, France), French Network for Asian Studies, online publication: http://www.gis-reseau-asie.org/monthly-articles/exercices-bouddhiques-corps-esprit-contexte-tibetain-enjeux-transculturels-marc-henri-deroche (accessed 2017/07/18), April 2017.
  10. Deroche, M.-H., Yasuda, A., “The rDzogs chen Doctrine of the Three Gnoses (ye shes gsum): An Analysis of Klong chen pa’s Exegesis and His Sources.” Paris: Revue d’Etudes Tibétaines, no. 33, October 2015, pp. 187-230.
  11. Iyanaga, N., Deroche, M.-H. “De la notion d’universalisme et de son usage dans les études bouddhiques. Éléments de synthèse des travaux réalisés au colloque franco-japonais de Kyōto.” Tokyo: Bulletin de la Société franco-japonaise des études orientales, 日仏東洋学会の広報誌『通信』, 37/38, 2015, pp. 59-67.
  12. Deroche, M.-H. “History of the Forgotten Mother Monastery of the Ancients’ School: The dPal ri Monastery in the Valley of the ‘Tibetan Emperors.’” India, Gangtok: Bulletin of Tibetology, 49-1, 2013, pp. 77-112.
  13. Deroche, M.-H. “Sherab Wozer (1518-1584).” In The Treasury of Lives: Biographies of Himalayan Religious Masters. New York: Rubin Museum of Art, electronic publication (http://treasuryoflives.org/biographies/view/Sherab-Wozer/8964), 2011.
  14. Deroche, M.-H. “Instructions on the View (lta khrid) of the Two Truths: Prajñāraśmi’s (1518-1584) Bden gnyis gsal ba’i sgron me.” In Revisiting Tibetan Religion and Philosophy: Proceedings of the International Seminar of Young Tibetologists in Paris. Revue d’Études Tibétaines. Paris: Centre National de la Recherche Scientifique, 22, November 2011, pp. 139-213.

京都大学における講義内容

【於 総合生存学館(思修館)】
  • 1001000 総合生存学概論 (哲学・人文学担当)
  • H139001 京都学派の伝統と可能性  (東洋学・仏教学担当)
  • 2014000/M111001 心の哲学――東洋と西洋の間  
  • 2017000/M112001 アジア文明を横断した仏教史
【於 文学部・文学研究科】
  • 1653005/1853001/1653006/1853002 インド古典学・仏教学フランス語文献の講読
  • 1831007 チベット仏教瞑想論

略歴と研究業績へのリンク


マインドフルリビング研究会のウェブページへのリンク