HOME >  学生生活

学生生活

合宿型研修施設 奨励金等 長期履修制度

 

合宿型研修施設01

 グローバルリーダーに求められる異文化社会におけるリーダーシップ力を育成するために、学生同士が昼夜を分かたず切磋琢磨しながら、高い目標を達成し得る柔軟な力を培うための環境が不可欠です。
本学伝統の対話型高等教育研究を実施するため、学生が研究と学習に集中できる日常生活の場として、また熟議や講義のための場として整備しているのが、総合生存学館(思修館)独自の教育環境である合宿型研修施設です。研究と学習に集中できるよう、施設・設備面で様々な配慮を行うとともに、専任教員がメンターとして滞在し、日常生活のケアや課外活動を行うなど、学生の心技体の鍛錬にも力を入れています。
思修館の学生はこの合宿型研修施設に入り、異文化および異分野出身の学生と5年間にわたる共同生活を送る中で、交流と対話を通して互いに研鑽を重ねていきます。
合宿型研修施設は、京都大学吉田キャンパス内(医学部キャンパスの端)に第一研修施設「廣志房(こうしぼう)」と第二研修施設「船哲房(せんてつぼう)」、平成27年2月末から稼働している新しい施設、総合生存学館本館・京都大学東一条館(旧左京区役所跡地)の三階に第三研修施設、以上3施設を現在運用しています。廣志房には25年4月より、船哲房には平成26年7月より、学生が入居しています。
施設内にはたくさんの芸術作品も収蔵され、日本文化の中心都市「京都」に培われ受け継がれてきた多様な芸術と伝統を日々の暮らしの息吹に感じて、思索と学習に挑む環境を創り上げました。
また、思修館学生は、日中の研究教育活動の拠点として主に、総合生存学館本館として新しく建築された京都大学東一条館を利用しますが、京都大学の附属図書館や各部局の教育研究設備・資料はもちろん、廣志房のすぐ南にある橘会館もセミナー等開催場所として利用できます。

合宿型研修施設02

 東一条館は総合生存学館教育研究施設として、最新の講義システムやweb会議システムなどを備えた講義室・セミナー室・教員室や、図書コーナーやディスカッションスペースを備えた自習室(ラーニング・コモンズ)、コミュニケーション・スペースなどを有し、研究・教育の場として、また学生同士・学生と教員の討論や交流の場として整備しています。

船哲房

1階


entrance
【玄関】

木材をふんだんに使用し、格子になった明るい玄関は和の雰囲気を醸し出します。

self_catering
【自炊室】

ラウンジの1の隣に位置し、充実した設備を整え、仲間と共に食からも広い見地と視野、アイディア発想力を育んでほしいと考えています。

lounge
【ラウンジ1】

ここで語らい、情報交換をし、様々な異なる分野の専門をもつ仲間たちと、互いに切瑳琢磨する談話室兼食堂。

2階


room
【居室】

落ち着いた色目のウォールナットでつくられた家具を配置し、各部屋に広いバルコニーもあります。

stairs
【木階段】

回廊から続く美しい木目が目を見張る木階段です。

lounge02
【ラウンジ2、3、4】

2、3、4階に広く配置された開放感ある空間。東側の窓からは大文字と医学部構内を眺めることができます。学生の居室が面しており、情報交換や交流のスペースとして利用できます。

3階


room
【居室】

落ち着いた色目のウォールナットでつくられた家具を配置し、各部屋に広いバルコニーもあります。

lounge02
【ラウンジ2、3、4】

2、3、4階に広く配置された開放感ある空間。東側の窓からは大文字と医学部構内を眺めることができます。学生の居室が面しており、情報交換や交流のスペースとして利用できます。

4階


lounge03
【ラウンジ2、3、4】

2、3、4階に広く配置された開放感ある空間。東側の窓からは大文字と医学部構内を眺めることができます。学生の居室が面しており、情報交換や交流のスペースとして利用できます。

廣志房

1階


light_garden
【光庭】

ライトウェル(光井戸)を導入し、中心部に光を取り入れると共に、飼馬桶の水溜めには雨水を取り入れて湧き出る泉のイメージとした。学生の粋な計らいで金魚も泳ぐようになり蓮の花の咲く季節はより一層季節と自然を感じられる空間になっています。

book_library
【グレートブックスライブラリー】

松本前総長セレクトの思修館理念が学べる古今東西名著の数々。畳の上でじっくりと思彗の時間を過ごせます。

seat
【座】

茶道を楽しむこともできる和室。時に仲間と、時に一人で、幅広い知識と深く確かな専門性を磨き、ゆったりと思索を巡らせる場所でもあります。

lounge04
【ラウンジ(セミナールーム)】

学生同士、学生と教員の語らいの場であり、熟議などのセミナーを開催する場であり、切磋琢磨の中心的な部屋です。

2階


room02
【居室】

建物柱梁と同様の木材スギ等で統一してつくられた家具を配置し、落ち着いた環境を提供します。

stairs02
【木階段】

柱梁はカラマツ・スギ材集成材、床はヒノキ材、国産材を用い、光をたっぷり取り入れられる構造の木階段です。

3階


room02
【居室】

建物柱梁と同様の木材スギ等で統一してつくられた家具を配置し、落ち着いた環境を提供します。

奨励金等

プログラムの履修者のうち、入学者選抜試験の成績及び研究計画書に基づく選考によって特に優秀と認められた学生は、経済的負担を軽減し、教育カリキュラムの履修および学位論文研究に専念できるように、博士課程教育リーディングプログラムによる「特待生奨励金」が給付されることがあります。また、独創的な教育研究活動を行うための博士課程教育リーディングプログラムによる履修生研究活動経費を申請することができます。(この制度は2017年度末で終了します。)

Students42w

平成29年度前期の奨励金受給者は、以下の42名です。

氏名 研究課題 備考
今村 達哉 日本の治安維持技術の世界標準化による犯罪の国際化への対応強化
――手段としての交番制度輸出の効果と成功に必要な条件――
平成25年度から継続
キーリー アレックス 竜太 再生可能エネルギー発電の総経済価値評価
長沼 祥太郎 学校の存在意義の再構築
横山 泰三 西田哲学の実践的応用による新たなコミュニケーション論の試論及び社会的企業経営論の研究
李 善姫 有機分子触媒を用いるα,β-不飽和カルボン酸誘導体の求核的不斉エポキシ化反応の開発
奥 勇紀 リソソーム内に蓄積したアミロイド・βペプチドの細胞内毒性発症機構 平成26年度から継続
奥井 剛 Public Philosophy and its Application: An Endeavor to Common Normative Ground
桐山 京子 地域開発と国際交流まで見据えた遺跡の保護活動
佐々木 勇輔 海洋バイオマスの有効利用に関する分子細胞生物学的研究
周 敬棠 化学合成タンパク質を用いた天然資源からの医薬品候補化合物の探索手法の開発と応用
髙橋 朝晴 ルワンダのジェノサイドから学ぶ平和構築:民衆煽動論と教育の質の観点からの考察
羽尾 一樹 開発途上国における環境問題を織り込んだ複線的経済発展のための政策立案
茂木 成美 国際公衆衛生におけるポストUHC(Universal Health Coverage)の提案 平成27年度から継続
鶴羽 愛里 損失回避性の脳科学的検討
野村 亜矢香 Food Security and Consumerism-A Case-study of Tea Consumption(食の安全と消費者社会)
パン 宇年 エンターテイメントベースの文化交流の効果と普及
BOLIKO CHARLES MBULI The Threat of Growing Income Disparity to Human Survivability
藤田 萌 効率的なマイクロファイナンス理論モデルの構築
孫 燁 Patterns of natural salt licks use by wildlife in Hainan Island, China
田中 勇伍 ASEAN 地域のエネルギーベストミックスについて
夫津木 廣大 紛争下の人道支援活動が紛争の和平プロセスに与える悪影響
江崎 俊介 低コスト・高精度の蒸気スポット検出技術及び環境評価技術の開発と、
それらを用いた地熱発電最適化制御システムの開発
平成28年度から継続
黒木 龍介 海洋、河川、地下水の関係を表す水収支モデルの構築
塩山 皐月 インドにおける女子教育先駆者-女性のロールモデルが児童に与える影響-
関 大吉 太陽活動による地球・太陽間空間の乱れの予測とその社会への影響について
中本 天望 持続可能な開発を目指した効果的で責任ある税制
長島 瑠子 標的細胞の単離精製を目的とした細胞種特異的に機能するRNAスイッチの構築
前田 里菜 がん治療を目指したピロールイミダゾールポリアミドの合成と評価
山城 一平 心像としての風景と外在的都市風景の比較研究
Xu Cong Understanding Gendered Power in International Organizations :
Influence of Gendered Process on Transformational Leadership and Organizational Culture
陳 全 Research proposal on conducting online counseling to  multiple clients at the same time
リュウ 辰 The optimization about the membrane of biofuel cell
川田 哲也 都市域における多環芳香族炭化水素類の降雨流出に伴う挙動特性の把握および
実践的な雨水管理による負荷削減方法の検討
平成29年度前期から
BANDAL  APURWA RAJENDRA Culture for Microsustainability
石田 菖 Personalizing Education through Technology and Big Data
孫 汝佳 世界金融危機後の中欧三国における対ユーロ為替レートの変動及びそれによる国内投資への影響
谷本 明子 プログラミングを通して育まれる思考力:認知科学的アプローチによる教育目的と教育方法の提案
山本 駿 地質・物性・地化学情報を統合した地殻流体貯留層モデルの最適な構築法の開発と地熱資源利用への応用
土田 亮 災害における連続性ある風土建築の維持継承可能性に関する比較および実証研究
Studies on Conserving Vernacular Architectures from Comparing with Places & Views of Continuation from the Usual Living, Suffering from the Disaster & Reconstructing Environments and the Demonstration
河崎 レイチェル 慧 “Human Failing and the Possibility of Art: Humanity in the Age of Artificial Intelligence.”
Hu RongQing The influence of the online course for families of disabled children on their parent’s quality of life and relationship.
大野 沙織 日本での新たな刑務所処遇

issue04wabroad30w

 

長期履修制度

官公庁・企業等に在職している者(給与の支給を受け、職務を免除されている者を除く。) 及び自ら事業を行っている者などフルタイムの有職者で、計画的に長期履修が可能な者は、入学決定後に、長期履修を申請できます。
審査を経て長期履修学生として履修を許可された場合、修業年限を10年とします。制度の詳細については、教務掛にお尋ねください。

(問合わせ先)
〒606-8306
京都市左京区吉田中阿達町1 京都大学東一条館1階 交通アクセス
京都大学大学院総合生存学館(思修館)事務部 教務掛
TEL 075-762-2002
E-mail: gsais-kyomu(at)mail2.adm.kyoto-u.ac.jp *(at)は@に置き換えてください

(業務時間)
平日8:30~17:00(12:00~13:00を除く)
土曜日・日曜日・祝日、創立記念日(6月18日)、
夏季一斉休業日(8月第3週目の月曜日~水曜日)、12月29日~1月3日は対応不可