海外武者修行として、4年次に8ヶ月程度国際機関等へのインターンシップを実施しています。
世界視点での自らの位置取りと意識の改革に加えて、国際的リーダーとしての意識と責任感及び突破力を一体的に育成することを目的としています。

プロフィール
名前  :奥 勇紀
専攻  :総合生存学 / 分子生物学
機関  :Creativ-Cetucial
派遣国 :フランス
派遣期間:2017年5月 – 2018年2月
 
5月の中旬より、パリに拠点を構えるCreativ-Ceuticalというコンサルティングファームにて業務に携わっております。医療経済学、アウトカムリサーチ、マーケットアクセス等を中心とした、医薬品関連企業へのコンサルティング業を行っており、現在は1:費用最小化モデルのブラジルへの適用、2:インフルエンザに関する医療経済および疫学情報の抽出、といったプロジェクトに携わっております。
 
私のもともとの専門は分子生物学であり、細胞内の異常な酸化還元状態を治すための新薬を探索しています。しかし、私は社会へ応用可能な方法論にも興味があり、実務的な観点から薬品等の費用対効果等の概念を学びたいと思っていました。そのため、今回の機会を生かし、それらの概念や保険償還の制度を包括的に捉える、この会社にてインターンシップを行う事を決めました。これまでは実験室での研究に携わっていたので、専門知識の異なる会社で働くのは少し難しいですが、新しい考え方や方法論を楽しみながら学ぶことが出来ています。より社会に近い専門分野を学び、包括的にライフサイエンスのフィールドを捉え、より社会に貢献のできるような研究デザインが出来るようになりたいと思っています。
 
2017年8月3日
奥 勇紀


▲職務中
 

▲革命記念日