総合生存学館准教授の関山健(せきやま たかし)です。国際政治経済学、国際環境政治学を専門としています。貿易、投資、国際金融、環境、資源エネルギーなどを巡る国家間の協力や対立の背景要因を明らかにし、必要な解決策を提示することを目指す研究領域です。
 
特に最近は、気候安全保障というトピックを研究の柱に据えています。気候安全保障というのは、気候変動が引き起こす紛争や暴動から国や社会を守ることです。日本では馴染みの薄いトピックですが、国際社会では、欧米を中心に20年ほど前から、議論が重ねられてきています。私も、気候安全保障に関心を寄せる数少ない国内研究者の一人として、日本やアジアが今後直面する気候安全保障リスクの解明に尽力していきたいと考えています。
 
私のゼミ(複合型研究会)には、現在10数名の学生が参加していて、それぞれ国際援助、移民・難民支援、ジェンダー問題、国際教育、安全保障など幅広い研究トピックに取り組んでいます。
 
皆さんも、国際政治経済や開発問題に関する専門性を高めて、将来、政府・国際機関等で活躍したり、持続可能社会の実現に尽力したいと考えていたら、ぜひ私のゼミ(複合型研究会)に加わってください。皆さんとお会いできることを楽しみにしています。
 
関山准教授の個人ページ
https://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/staff/sekiyamatakashi/index.html


関山准教授