▲拡大する(表)icon_pdf

 

総合生存学ミニワークショップは、本学館の複合型研究会における成果の一端を紹介するためのものです。
従来のアカデミック研究(専門力)と、社会から求められている実務家の仕事(実践力)の
中間に位置する、グローバルで複合的な課題に文理融合型アプローチで取り組んでいます。
 
現在、9つの複合型研究会(http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/research)が活動しています。
今回は、学生広報広報委員会主催のワークショップを開催いたします。
 
どなたでもご参加いただけます。
ぜひ、皆様お誘いのうえ、ご参加下さい。

 

日時 2017年7月7日(金) 18:30~20:30
会場 京都大学東一条館 コミュニティラウンジ アクセス
対象 どなたでもご参加いただけます(事前申込制、当日飛び入り参加も歓迎)
特に総合生存学館への入学を希望されている方の参加を歓迎します。
定員 30名
テーマ ”Global Issues interconnected or not?”
「グローバルイシュー同士の関係性って、どうなん?」
プログラム Introduction of Joint Research
Brainstorming about what is global issues
Discussion on relationships among global issues and macro understanding of issues
使用言語 主に英語 (日本語でも可)
参加費 無料
申し込み Google form より参加登録ください。
https://goo.gl/forms/JaTu03cF2ME38JIH3
申し込み締切日 2017年7月6日(木)
主催 学生広報広報委員会
問い合わせ gsais-workshop*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)