HOME >  研究

研究


大学院生の研究テーマ

 現在、準備中

複合型研究会

複合型研究会とは
従来のアカデミック研究(専門力)と,実務家の仕事(実践力)の中間に位置するグローバルで複合的な課題にはこれまでに研究の手がついていない。近年のグローバル知識社会では,このような課題を取り扱うイシュードリブン型のサイエンス,すなわち総合生存学の必要性が高まっている。しかし,グローバルで複合的な課題は,その切り口が判然としない。課題が複合的であれば,必然的に問題の解決策も複合的である。実践的で文理融合を前提とする総合生存学では,細分化された知識を再構成するプロセスを明示化して,問題の設定と解決を行う。そのために,学生と教員の自由な繋がりによる多様な教育研究を柔軟に行えるよう,教育研究上の目的に応じて組織編成が可能な複合型研究会を構築する。

ソーシャル・インクルージョン研究会      人工智慧研究会        資源・エネルギー政策研究会  
国際開発 生存学の思想研究会 グリーン・エコノミー研究会
人道研究会 環境災害研究会 ネットワーク社会研究会


 

ソーシャル・インクルージョン研究会

研究テーマ:
ソーシャルインクルージョン(社会的包摂)は、
「全ての人々を孤独や孤立、排除や摩擦から援護し、健康で文化的な生活の実現につなげるよう、社会の構成員として包み支え合う」という理念である。
障害者やマイノリテイーなど社会的弱者が排除され孤立して行く事実の現状を把握し取り組みを考えて行くことを目的としている。
主な参加教員:
光山 正雄,磯部 洋明,村田 淳(京大支援センター助教),塩瀬 隆之(京大総合博物館特定准教授)
研究会:
2016年7月1日(金)18:30より、第二回ソーシャルインクルージョン研究会を開催いたします。

 

人工智慧研究会(Artificial Wisdom)

研究テーマ:
諸分野の研究を踏まえて様々な視点から人工智慧の定義や創発,発展,共存等を考える。
主な参加教員:
趙 亮,磯部 洋明
研究会:
2016年11月24日(木)14:00より、総合生存学ミニワークショップ 人工智慧研究会主催の「人工知能・智慧と社会」を開催いたします。
2016年7月11日(月)15:30より、人工智慧研究会特別セミナーを開催いたします。
2016年6月13日(月)13:00より、人工智慧研究会特別セミナーを開催いたします。
研究会ホームページ:
http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/seminar/aw/

 

資源・エネルギー政策研究会

研究テーマ:
サバイバブルCCS
(今後,化石燃料がしかるべき期間利用されることが不可避と見込まれる現状を念頭にCCSが来るべき社会に実装される姿を描き
(CCS社会実装の現状,課題と解決のための施策提言等),地球温暖化問題に関わる人類社会のサバイバビリテー展望の提示に資する研究)
主な参加教員:
櫻井 繁樹,IALNAZOV, Dimiter Savov,金村 宗

 

国際開発

研究テーマ:
開発援助における様々なテーマについての研究を行うが、
現在はバングラデシュ国で実施している「リンクモデルを通じたコミュニティー開発事例調査」で得た貴重なデータを解析し、
バングラデシュ国のリンクモデル普及に貢献することを目的に、同モデルの成功事例の要因を特定、提言につなげる研究を行っている。
主な参加教員:
木邨 洗一,川井 秀一,池田 裕一,惣脇 宏,櫻井 繁樹
研究会:
2016年11月14日(月)17:00より、総合生存学ミニワークショップ 国際開発研究会主催の「ミャンマーにおける農村の現実と国際開発」を開催いたします。

 

生存学の思想研究会(Philosophy of Survivability)

研究テーマ:
人類と地球社会の生存に関わる哲学,倫理,思想的問題の検討。
主な参加教員:
磯部 洋明,DEROCHE, Marc-Henri,藤田 正勝,川井 秀一,光山 正雄,惣脇 宏
研究会:
2017年1月10日(火)18:15より、生存学の思想研究会ゲスト講演「マインドフルネスとリーダーシップ」を開催いたします。
2016年12月1日(木)18:15より、総合生存学ミニワークショップ 生存学の思想研究会主催の「科学と宗教の対話~現代社会に宗教は必要か?」を開催いたします。
研究会ホームページ:
http://survivability.wixsite.com/philosophy

 

グリーン・エコノミー研究会

研究テーマ:
気候変動や資源枯渇などの地球規模問題の解決策として注視されているグリーン・エネルギーへの転換について研究を行っている。
グリーン・エネルギーへの転換は、国家レベルと地域コミュニティレベルの双方で進行している。
国家レベルの場合、再生可能エネルギー (RE) 導入の成否要因について、
また、地域コミュニティレベルの場合、既に行われている再生可能エネルギー (RE) プロジェクトは効果、
すなわち地元住民、中小企業、自治体にとってどのようなメリットがあるかについて分析している。
主な参加教員:
IALNAZOV, Dimiter Savov,川井 秀一,池田 裕一,山敷 庸亮,櫻井 繁樹,金村 宗
研究会:
2016年10月21日(金)18:15より、グリーン・エコノミー(GE) 研究会を開催いたします。
2016年9月14日(水)17:00より、グリーン・エコノミー(GE) 研究会を開催いたします。
2016年7月25日(月)18:00より、グリーン・エコノミー(GE) 研究会を開催いたします。
2016年6月20日(月)18:00より、グリーン・エコノミー(GE) 研究会を開催いたします。

 

人道研究会

研究テーマ:
国際的な人道支援に対して、学問的な知見に基づき多角的・批判的な観点から分析を行うことを目的とし、
人道支援の実務家とも連携して、常に現実との距離感を見定めながら、よりよい人道支援を探求する。
主な参加教員:
大石 眞,山口 栄一,木邨 洗一
研究会:
2017年2月24日(金)13:00より、(認定NPO法人)日本紛争予防センターの瀬谷ルミ子理事長を講師にお招きし、
人道研究会「人道支援としての平和構築~実務と理論の側面から」を開催いたします。

2016年7月26日(火)16:00より、人道研究会を開催いたします。

 

環境災害研究会

研究テーマ:
地球活動および地球環境の変化によってもたらされる自然環境災害,文明の発達に伴って増加する人的災害や,
宇宙環境,宇宙由来の大災害,文化遺産の防災,歴史考古学から学ぶ過去の大災害などについて学び,
それぞれの災害のメカニズム,想定される人的・経済的被害を学び,レポジトリを利用したデータベース化を行う。
主な参加教員:
山敷 庸亮,泉 拓良,磯部 洋明,金村 宗
研究会:
2017年5月30日(火)15:00より、第2回ExoKyotoセミナー兼第2回環境災害研究会「大規模粒子系シミュレータ開発フレームワークFDPSの現状」を開催いたします。
2017年3月27日(月)12:30より、環境災害研究会の公開セミナー「太陽型星のスーパーフレアと巨大黒点の関係」を開催いたします。
2017年3月2日(木)18:00より、環境災害研究会 公開講演会「ジャーナリストからみた「災害と考古学・文化財」」を開催いたします。
2016年11月7日(月)17:00より、総合生存学ミニワークショップ 環境災害研究会主催の「人類の生存と太陽地球環境災害」を開催いたします。
2016年10月28日(金) 16:00より、総合生存学ミニワークショップ 環境災害研究会主催の「人類の生存と宇宙環境 第二の地球は何処に?」を開催いたします。
2016年7月26日(火)14:00より、環境災害研究会を開催いたします。
2016年7月1日(金)16:00より、環境災害研究会 第三回講演会(研究者対象)「陸域海洋相互作用」を開催いたします。
2016年6月24日(金)13:00より、環境災害研究会による平成28年度第二回公開シンポジウムを開催いたします。
2016年6月13日(月)18:00より、環境災害研究会による平成28年度第一回公開シンポジウムを開催いたします。
研究会ホームページ:
http://www.envhazards.org

 

ネットワーク社会研究会(Network Society Colloquium)

研究テーマ:
「EUを超える地域統合体をアジアで2040年に実現できるか?」
理論的考察とデータサイエンスの手法を用いて,
環太平洋パートナーシップ(Trans-Pacific Partnership, TPP)やASEAN経済共同体(ASEAN Economic Community, AEC)で始まる
アジア・環太平洋の経済連携協定(Economic Partnership Agreement, EPA)がもたらす新しい世界を,ヒト・モノ・カネの観点から描き出す。
主な参加教員:
池田 裕一,櫻井 繁樹,金村 宗,川井 秀一
研究会:
2017年5月25日(木)18:00より、ボストン大学のIrena Vodenska氏を講師にお招きし、第2回 思修館・卓越セミナー(旧 総合生存学集中セミナー)を開催いたします。
2017年2月15-17日、UNESCOのCrowley博士を講師にお招きし、第1回 総合生存学集中セミナーを開催いたします。
2016年11月1日(火) 17:00より、総合生存学ミニワークショップ ネットワーク社会研究会主催の「ネットワーク統計推論を用いた新しい記述形式アンケートの紹介」を開催いたします。
2016年10月24日(月)17:30より、ネットワーク社会研究会が主催するセミナーを開催いたします。
2016年8月3日(水)17:00より、ネットワーク社会研究会を開催いたします。