総合生存学ミニワークショップは、本学館の複合型研究会における成果の一端を紹介するためのものです。
従来のアカデミック研究(専門力)と、社会から求められている実務家の仕事(実践力)の
中間に位置する、グローバルで複合的な課題に文理融合型アプローチで取り組んでいます。
 
現在、9つの複合型研究会(http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/research)が活動しています。
今回は、環境防災研究会主催のワークショップを開催いたします。
 
どなたでもご参加いただけます。
ぜひ、皆様お誘いのうえ、ご参加下さい。

 

日時 2017年6月29日(木)17:00~19:30
会場 京都大学東一条館 2階大講義室(201) アクセス
対象 どなたでもご参加いただけます。(事前申込制、当日飛び入り参加も歓迎)
特にこの分野の研究に関心のある学部生の参加を歓迎します。
定員 50名
テーマ 進化・絶滅と宇宙
プログラム 17:00~17:30
講演1:山敷庸亮(京都大学 大学院 総合生存学館(思修館) 教授)
    「宇宙由来の絶滅リスクと系外惑星」
 
17:30~18:00
講演2:宮沢孝幸(京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 准教授)
    「レトロウイルスによる生命の進化と宇宙との関わり」
 
18:00~18:30
講演3:磯部洋明(京都大学 大学院 総合生存学館(思修館) 准教授)
    「太陽活動と生命」
 
18:30~
全体議論
司会・ファシリテータ:関大吉(京都大学 大学院 総合生存学館(思修館) 大学院2年生)
           黒木龍介 (京都大学 大学院 総合生存学館(思修館) 大学院2年生)
使用言語 主に日本語
参加費 無料
申し込み 件名を「6月29日のワークショップ参加」とし、
以下の必要事項を明記のうえ、メールにてお申し込みください。

<必要事項>
・氏名
・所属
<申し込み先>
isobe.hiroaki.7a*kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)

申し込み締切日 2017年6月28日(水)
主催 環境防災研究会
問い合わせ isobe.hiroaki.7a*kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)