京都大学大学院総合生存学館(思修館)

EN

menu

イベント 9月30日(金) 16:15〜、2022年度第3回国際教育セミナー「国連環境計画(UNEP)事務局長 特別講演会」を開催します。


▲拡大するicon_pdf

会場を変更しました。(2022年9月15日(木))
 
第3回目は、国連環境計画(UNEP)事務局長 インガー アンダーセン氏をお招きし、特別講演会を開催いたします。
貴重な機会ですので、是非ご参加ください。

 

日時
Date & Time
2022年9月30日(金)16時15分〜17時30分
30th September (Friday) 2022, 16:15-17:30
場所
Place
京都大学時計台記念館 国際交流ホールII (ハイブリッド開催)
International Conference Hall II, Clock Tower, Kyoto University, and Zoom
対面参加定員: 100名
Capacity: 100 (in-person)

 
京都大学時計台記念館 百周年記念ホール(大ホール) (ハイブリッド開催)
Clock Tower Centennial Hall, Kyoto University, and Zoom
対面参加定員: 300名
Capacity: 300 (in-person)
アクセス(構内マップ[3])
Access(Campus Map[3])
対象
Audience
京都大学の大学院生、学部生、教職員、一般の方
All
タイトル
Title
国連環境計画(UNEP)事務局長 インガー アンダーセン氏 特別講演
Inger Anderson Special Lecture (Executive Director, United Nations Environment Programme)
講演者
Speaker
インガー アンダーセン 国連環境計画 事務局長
Inger Andersen氏は、国連事務次長で、ケニアのナイロビに本部を置く国連環境計画の事務局長である。2015 年から2019年にかけて、アンダーセン氏は国際自然保護連合 (IUCN) の事務局長を務めている。Andersen 氏は、国際開発経済学、環境の持続可能性、戦略、運営において30年以上の経験があり、農業、環境管理、生物多様性保全、気候変動、インフラストラクチャ、エネルギー、輸送、水資源管理、水力外交など、さまざまな問題に関する国際プロジェクトを主導してきました。
1999年から 2014年にかけて、アンダーセン氏は中東および北アフリカの副総裁を含む世界銀行では、持続可能な開発担当副総裁であり、CGIAR 基金評議会の代表も務めていた。
世界銀行に15年間勤務する前、国連で12年間勤務し、最初は干ばつと砂漠化に取り組み、国連スーダノ サヘル事務所に勤務している。 1992年、彼女はUNDPのアラブ地域の水と環境のコーディネーターに任命されている。
Andersen 氏は、ロンドン メトロポリタン大学ノース校で学士号を取得し、ロンドン大学東洋アフリカ研究大学院で開発経済学の修士号を取得している。

Inger Anderson, Executive Director, United Nations Environment Programme
Inger Andersen is Under-Secretary-General of the United Nations and Executive Director of the United Nations Environment Programme, headquartered in Nairobi, Kenya.
Between 2015 and 2019, Ms. Andersen was the Director-General of the International Union for Conservation of Nature (IUCN).
Ms. Andersen has more than 30 years of experience in international development economics, environmental sustainability, strategy and operations. She has led work on a range of issues including agriculture, environmental management, biodiversity conservation, climate change, infrastructure, energy, transport, and water resources management and hydro-diplomacy.
Between 1999 and 2014, Ms. Andersen held several leadership positions at the World Bank including Vice President of the Middle East and North Africa; Vice President for Sustainable Development and Head of the CGIAR Fund Council.
Prior to her 15 years at the World Bank, Ms. Andersen worked 12 years at the United Nations, first on drought and desertification, beginning in the UN Sudano-Sahelian Office. In 1992, she was appointed UNDP’s Water and Environment Coordinator for the Arab Region.
Ms. Andersen holds a Bachelor’s Degree from the London Metropolitan University North and a Masters in Development Economics from the School of Oriental and African Studies, University of London.

使用言語
Language
英語(逐次通訳なし、簡単な日本語要約あり)
English
参加費
Fee
無料
Free of charge
申し込み
Registration
総合生存学館所属の学生・教職員は、開催通知メールをご確認ください。
*For students and faculty members in GSAIS, please check seminar notification e-mails.

その他参加者は、以下のURLからお申込みください。
*For other participants., please apply from the site below.

URL: https://forms.gle/Q2eziFgvWfsS8GuG6

申し込み締切日
Registration deadline
2022年9月29日(木)13時
13:00 on Thursday, 29th September, 2022
主催・
問い合わせ先
Organizer &
Inquiries
主催: 京都大学大学院総合生存学館(思修館) 国際委員会
Organizer: International Committee, Graduate School of Advanced Integrated Studies in Human Survivability (GSAIS)

問い合わせ先: 京都大学大学院総合生存学館(思修館) 国際教育担当
Inquiries: International Education staff, Graduate School of Advanced Integrated Studies in Human Survivability (GSAIS)
E-mail: gsais-ie*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください/replace * with @)

 
 

京都大学大学院 総合生存学館

〒606-8306
京都市左京区吉田中阿達町1 東一条館1階
TEL 075-762-2001 / FAX 075-762-2277
MAIL info.shishukan@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp