Today, expectations for interdisciplinary research in the relationship between science, technology and innovation are increasing, as the need for the humanities and social sciences explicitly referenced in the 6th Science, Technology and Innovation Basic Plan. This is due to the fact that humanity has the responsibility to solve global issues such as energy, climate change, and poverty etc., and to build a society that can coexist sustainably. Now, we need to change drastically the approach to innovation. Well-being is an essential element for such sustainable coexistence, and the pursuit of appropriate technologies that can promote the sharing of well-being among more people is a challenge for humanity. In this symposium, representative speakers from the Graduate School of Engineering, Kyoto University and the Center for the Promotion of Interdisciplinary Education and Research will be invited to cross-talk about innovation that support well-being with our GSAIS speakers.
 
第6期科学技術・イノベーション基本計画において、人文・社会科学系分野に対する必要性への明示的な言及は、科学技術とイノベーションとの関係性における学際融合研究への期待の高まりを示していると言えます。 その背景には、人類が、エネルギー、気候変動、貧困といったグローバル課題を解決し、持続的に共存しうる社会を構築する責任を負っていることがあり、したがって、イノベーションへのアプローチも大きく変わる必要があります。 ウェルビーイングはそのような持続的共存のために不可欠な要素であり、より多くの人々がウェルビーイングを推進しうるテクノロジーを追求することは人類の挑戦でもあります。 このシンポジウムでは、京都大学工学研究科と学際融合教育研究推進センターから代表的なスピーカーを招待し、総合生存学館からのスピーカーとともにウェルビーイングを支えるイノベーションについてクロストークを行います。


▲拡大する

第10回国際シンポジウムの特設サイト
https://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/symposium2021/
 
第10回国際シンポジウムの申し込みフォーム
https://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/symposium2021/reg/
 
国際シンポジウム
https://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/event-list/type01