▲拡大する

 

本年夏の京都大学ユネスコ屋久島スクールでは、屋久島を通して「木を見て森も見る」または、「自然・人間・社会を連続的に捉える」思考力と視点を学び、SDGsへのアプローチに活かすことのできるSDGs 達成の人材育成モデルづくりに取り組んできました。こうした教育の機会を得てきた学生によるSDGsのための取り組みの発表を軸にしながら、関連の思考と視点を核にした人材育成プログラムがSDGsイノベーターを育成する上でどのように貢献し得るか、SDGs実施にどのように繋げることができるかを検討することを狙いとします。各学部・研究科の枠を超えて全学的に学生・教員・実務家が一体となって対話型のフォーラムを通して、SDGs実施に向けて具体的な歩みを進めます。

たくさんの登録ありがとうございます。引き続き参加応募をお待ちしています。
Thank you for many registrations!

 

タイトル
Title
SDGsイノベーターを通じたSDGs実践の促進:木を見て森も見る
Accelerating SDGs Implementation Through SDGs Innovators: Grasping Nature, Humans and Societies in Continuum
日時
Date & Time
2021年1月21日(木)10時00分〜17時30分
21st January 2021,10:00-17:30 (JST)
詳細プログラム:
https://resilience-initiative.com/special-initiative/
場所
Place
ハイブリッド形式(ZOOM+京都大学東一条館、ただし現地参加は先着30名まで
Hybrid (ZOOM and on-site, Higashi Ichijo Kan, Kyoto Univ, This on-site join offer is limited to the first 30 people)
対象
Audience
本テーマに関心ある方どなたでも
Anyone who is interested in the theme
講演者
(敬称略)
Speaker
(学外)
Ilan Chabay (Head of Strategic Science Initiatives and Programs, Institute for Advanced Sustainability Studies)
Ai Sugiura (Science Programme Specialist, UNESCO Jakarta Office)
Enny Sudarmonowati (Professor, Indonesian Institute of Sciences)
岡田 憲夫 Norio Okada(関西学院大学 災害復興制度研究所顧問 / 京都大学名誉教授 Kwansei Gakuin Univ.)
菅原 静郎 Shizuo Sugawara (JX金属 常務取締役 JX Nippon Mining & Metals)

(学内)
清水美香 Mika Shimizu(総合生存学館 特定准教授)
寶馨 Kaoru Takara(総合生存学館 教授)
山敷庸亮 Yosuke Yamashiki(総合生存学館 教授)
神崎護 Mamoru Kanzaki(農学研究科 教授)
使用言語
Language
英語
English
参加費
Fee
無料
Free of charge
申し込み
Registration
下記リンクよりお申込みください。
Please register with the following link:
https://forms.gle/gNHHYGvU76F94BYn9
申し込み締切日
Registration deadline
締め切り延長:
1月19日(火)午後5時
Extend a deadline to 5pm(JST) 19th January

2021年1月15日(金)17時
5 pm 15th January 2021 (JST)
主催
Organizer
京都大学UNESCO Chair WENDI、京都大学大学院総合生存学館
Kyoto University UNESCO Chair WENDI, Graduate School of Advanced Integrated Studies in Human Survivability (GSAIS)
問い合わせ先
Inquiries
総合生存学館レジリエント社会創造研究会
Research Group of Creating Resilient Society
Email: shishukanresilience*gmail.com (*を@に変えてください/replace * with @)