関山健准教授が監訳した『Solar Sharing: Changing the world and life』(長島彬 著)が、2020年5月3日にAccess International Ltd.社から出版されました。
 
同書は、営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)の仕組みを発明した長島彬氏の著書『ソーラーシェアリングのすすめ』(2015年, 株式会社リック)の英語版です。
 

 
『Solar Sharing: Changing the world and life』
(著)Akira Nagashima、(監訳)Takashi Sekiyama

 
出版社:Access International Ltd
ページ数:208
言語: 英語
 
概要:
農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備を設置し、太陽光を農業生産と発電とで共有する営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)。その普及促進は日本政府の成長戦略にも位置付けられ、世界も注目する。本書は、発明者自身によるソーラーシェアリング概説書の英語版である。
 
目次:
Chapter 1 Development of Solar power
Chapter 2 Basics and History of Solar Sharing
Chapter 3 Demonstration of Farming by Solar Sharing
Chapter 4 Practice of Solar Sharing
Chapter 5 Development of the Solar Sharing System
Chapter 6 Application of Solar Sharing
Chapter 7 Solar Sharing Dissemination Effect and Utilization
Chapter 8 Important Policy to Promote Solar Sharing
Chapter 9 Significance and Evolution of Solar Sharing
Q & A about Solar Sharing