▼セミナーの様子

 

Wes Hom氏▲        


 

2019年10月25日(金)、京都大学大学院総合生存学館にて、スタンフォード大学のAsian Leadershipプログラムの創設者、Wes Hom氏を迎えて、「世界企業で渡り合うアジア人リーダーシップ論」と題して国際教育セミナーを開催しました。
Wes Hom氏の来日講演を統括された一般社団法人グローバルエリート育成機構の山内理事長らも本講演会に参加され、Wes Hom氏の紹介をされました。合宿型研修施設で開催された講演会は、参加者急増のため急遽、席を追加するほど多くの人が参加しました。また、海外で研究活動中の学生らがケンブリッジやドバイ、またインドからSkypeで聴講しました。講義の内容は、様々なイノベーションをもたらしたグローバル企業のトップの行動哲学について、アジア系と欧米系の人々の文化的背景や組織形成における自己発揮の機会や、両者の得意・不得意分野や元になる思想から、本物のリーダーシップを発揮するのはどういうことなのかなど、Wes Hom氏の実践哲学に基づく、ビジネスにおける具体的な事例を含めた講義で、質問が飛び交う非常にアクティブな講義となりました。