武者修行として、4年次に6ヶ月程度国際機関等へのインターンシップを実施しています。
世界視点での自らの位置取りと意識の改革に加えて、国際的リーダーとしての意識と責任感及び突破力を一体的に育成することを目的としています。

プロフィール
名前   :Charles BOLIKO
専門   :Graduate School of Advanced Integrated Studies in Human Survivability /
      Development Economics, Sustainable Development, Renewable Energy

機関   :UNDP(United Nations Development Programme) representation office in Tokyo

派遣国  :Japan

派遣期間 :26th September, 2018 – 25th March, 2019
 
As a TICAD* Intern at the UNDP representation office in Tokyo I conduct various activities relating to TICAD and UNDP events. I also have the responsibility of conducting desk research regarding socio-economic circumstances in developing regions, and this information gathered is then shared in lectures with multiple audiences in meetings, schools, offices or networking events. This work makes my role quite diversified, with my work environment providing fresh new challenges every day. I chose to undertake this role in my 4th year to learn how various stakeholders have approached development in Africa, especially with my research being focused on development in the African region. My position has given me great access and exposure to all relevant actors and has really helped me to learn more about on-ground circumstances beyond my day-to-day academic research as a student.
 
*TICAD(Tokyo International Conference on African Development)
 
京都大学大学院総合生存学館の4年のボリコチャールズです。私の場合は、日本に住んで短いし、日本語をうまく話せないこともあり、文化もまだまだよくわからなかったので、「日本は新しい国だよ」と思って、日本で武者修行することにしました。今、私は、国連開発計画(UNDP)東京オフィスで武者修行をしています。私の専門はアフリカの開発なので(特にエネルギー)、アフリカ開発分野でのインターンシップを希望し、国際オフィスでアフリカ開発会議(TICAD)のインターンになりました。毎日いろいろなことをしますので、新しいチャレンジが出てきます。世界開発研究、発表会、シンポジウム、TICADやUNDPイベントでとても忙しくなりましたが、いろいろな会議でアフリカの開発問題を学ぶことができました。このインターンシップで、たくさんの新しいアイディアが浮かび、私の研究もとても向上しています。東京でも住んで6ヶ月ぐらい経ち、この武者修行はとてもよかったと感じています。
 
2019年1月24日
 
 
 
 
 
 

▲Discussing African development and career development at a Japanese High School.
 

▲Introduction of new interns at UNDP Tokyo.
 

▲Posing for picture after completing discussions regarding Japanese engagement in African private sector development.