▲Lars Nyberg 先生

2018年1月9日(火)、京都大学東一条館 大講義室(201)にてスウェーデン、ウメオ大学の Lars Nyberg 先生(加齢認知神経科学)を講師にお招きし、招待講演「Challenges of Neuroscience in the era of global super-aging」を開催しました。
 
ウメオ大学のグループが25年以上継続して同じ人たちを追跡した世界でもユニークな縦断研究の成果から、縦断研究の手法によってのみ、記憶の加齢変化の真の姿が見えてくることを解説していただきました。90歳になっても記憶力がまったく衰えない人たちとはどういう人たちなのか、男女平等の実現したスウェーデンならではの要因もあるようでした。
 
当日は思修館だけでなくいろいろな部局から来聴があり、熱心な議論が交わされました。