▲拡大するicon_pdf

 

※ 申し込みを「要」から「不要」に変更しました。(2017.11.09)

 

日にち 2017年11月16日(木)16:00~17:30 (講演1時間、質疑30分)
場所 京都大学東一条館 大講義室(201)
京都市左京区吉田中阿達町1(京大正門から西へ徒歩5分)
アクセス
対象 京都大学の大学院生、学部生、教員・研究者
内容 ゲスト講師:
田和 正裕(TAWA Masahiro)国際協力機構 (JICA) 関西国際センター次長
 
タイトル:
「世界共通目標のSDGs〜成立の経緯と現在の取り組みについて〜」 
 
概要:
SDGsについて、概要とその重要性を分かりやすく解説します。
更に、SDG成立までの国際場裏でのかけひきについて、
(1)MDGsの反省や国際場裏の議論
(2)SDGsに「防災」を組み込んだ日本の苦労
を紹介したうえで、
現在の外務省や霞が関における動向、およびJICAが担う役割を説明します。
使用言語 日本語
参加費 無料
申し込み 不要
問い合わせ 総合生存学館(思修館)事務部 教務掛
TEL: 075-762-2010
E-mail: gsais-kyomu*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)