▼左から山敷庸亮・総合生存学館教授、佐々木貴教・理学研究科助教

 

太陽系外惑星の想像図を作成しつづけてきたSGH守山高校ハビタブル研究会のみなさん▲        

        ▼太陽系外惑星データベースExoKyotoの開発に関わった大学院生・学部生

 

集合写真▲        

 

宇宙総合学研究ユニット、大学院総合生存学館(思修館)、理学研究科附属花山天文台は、2017年9月2日(土)、太陽系外惑星データベースExoKyoto公開1周年を記念し、シンポジウム「ハビタブルな惑星群を求めて」を京都大学東一条館にて開催いたしました。
 
本データベース開発責任者の山敷庸亮・総合生存学館教授による記念講演「太陽系外惑星データベースExoKyotoの改良と新たな公開について」においては、リニューアルされたExoKyotoの紹介があり、質量推定モジュールの改良、メシエ・NGC天体情報のデータベースへの挿入と、ホームページの日本語化と、恒星影響評価モジュールについての紹介が行われました。続いての佐々木貴教・理学研究科助教の講演では系外惑星研究の歴史とExoKyotoホームページの改良にともなう教育的な活用方法についての紹介があり、国立天文台岡山天体物理観測所専門研究職員の前原裕之氏による恒星フレア評価モジュールの紹介がありました。また土井隆雄・宇宙総合学研究ユニット特定教授のもとで研究助手を行なっている三木健司氏によりこれまで花山天文台系外惑星観測システムを用いて観測された系外惑星のトランジットの紹介が行われました。
 
また開発に関わった大学院生・学部生として、黒木龍介氏(大学院総合生存学館博士課程)・野津翔太氏/野津湧太氏(大学院理学研究科博士後期課程)、芝池諭人氏(東京工業大学理学院博士課程) 、高木風香氏(農学部)、梨元昴氏(理学部)がそれぞれの貢献内容や開発の経緯について述べました。
 
そして、開発当初から太陽系外惑星の想像図を作成しつづけてきたSGH守山高校ハビタブル研究会の稲垣遙さん・清水海羽さん・前田理那さんの3名と、指導をされた大橋教諭による、絵画の紹介とそれぞれの惑星の説明、その苦労などの紹介がありました。
 
ディスカッションでは、磯部洋明・大学院総合生存学館准教授の司会により、ExoKyoto のサイエンスへの貢献、太陽系外惑星観測のアマチュアの参加などについて議論を行ったあと、満員の参加者からの多数の質問やコメントがありました。
 
また冒頭の挨拶で、柴田一成附属天文台長は本データベースと観測活動により、今年度稼働予定の岡山天文台3.8M望遠鏡を用いた観測との融合について、寶馨・大学院総合生存学館長は総合生存学館が行っている学術研究活動について紹介がありました。最後に、山敷庸亮・宇宙総合学研究ユニット副ユニット長により、今後一層アマチュア天文家との協力が必要であることについての呼びかけがあり、閉会しました。
 
本データベースについては、今後もめまぐるしい発展が続いていく太陽系外惑星、宇宙生物学分野への貢献が見込まれます。また、以下のURLから本データベースにアクセスすることができますので、ぜひ一度ご覧ください。
 
www.exoplanetkyoto.org
 
*講演予定であった宇宙総合学研究ユニット・土井隆雄特定教授はハリケーン「ハービー」によるヒューストン市の被災により、帰国が間に合わず、代わりに三木健司氏 (RA・大学院農学研究科博士後期課程)が発表を行いました。