▲拡大するicon_pdf

第3回総合生存学ミニワークショップ
京都大学大学院総合生存学館 環境災害研究会
「人類の生存と太陽地球環境災害」を開催します。
 
概 要:
太陽フレアによる突発災害と歴史にみる地球災害。
多様な災害の規模や頻度と、将来起こりうる災害について参加者と討議します。
終了後に天体観測(火星やアンドロメダ星雲)を予定しています。
 
日 時 :11月 7日(月)17:00-19:00
場 所 :京都大学東一条館2階 大講義室 [アクセス]
テーマ :人類の生存と太陽地球環境災害
講演者 :磯部洋明(京都大学大学院総合生存学館 准教授)
     泉拓良(京都大学大学院総合生存学館 教授)
参加費用:無料
対 象 :どなたでも参加いただけます(事前申込制:余裕があれば当日も可)
定 員 :54名(定員になり次第締め切らせていただきます)
参加申込:事前にメールでタイトルに<第3回ミニワークショップ参加> と書き、
     氏名・所属(できれば連絡先も)をご記入の上、以下まで 申し込んでください。
     定員に満たない場合は当日でも申込みは可能です。
     <申込み先>e-mail: gsais-workshop*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)
主 催 :京都大学大学院総合生存学館 環境災害研究会
 
<アクセス>
map_higashiichijokan_tokeidai
▲画像をクリックすると、拡大します。
 
<問い合わせ先>
京都大学 大学院 総合生存学館(思修館)
総合生存学ミニワークショップ担当
gsais-workshop*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)