ヤルナゾフ ディミター
 
2016年9月28日にベトナム社会科学院 (VASS) 付属北東アジア研究所主催の国際シンポジウムに参加しました。
シンポジウムのテーマは “Building a Sustainable Development Society: Vietnam – Japan Cooperation to Ensure Sustainable Development”
でした。
京都大学から私と経済研究所の溝端佐登史先生が参加しました。
その他に、専修大学と茨城大学の日本人の研究者6人がいらっしゃいました。
ベトナムにおける持続可能な発展、およびベトナムと日本間の協力関係について熱烈な議論が行われました。
 
また、私は “Sustainable Development in Vietnam from the Perspective of Renewable Energy Deployment”というテーマについて報告しました。
上の写真から報告の様子が見られます。
その後、多数のベトナム人の研究者と意見交換をしました。
最後に、9月29日にベトナム政府計画投資省 (MPI) 付属開発戦略研究所で同様なテーマについて報告を行って、
今後の研究に参考になる大変有意義なコメントをいただきました。