2016年9月15日、第3回博士課程リーディングプログラムオールラウンド型7大学シンポジウム(AR7シンポジウム)を開催しました。
 
グローバル社会を牽引するトップリーダーの養成を目指す博士課程リーディングプログラムオールラウンド型採択大学は、全国で7大学(京都大学、大阪大学、慶應義塾大学、東京工業大学、名古屋大学、東京大学、九州大学<採択順>)あります。この7大学の教職員・学生が集まり、9月15日、本学芝蘭会館において第3回のAR7シンポジウムを開催しました。
今回のシンポジウムでは、「大学が育成するオールラウンド型人材と産・官・国際機関が期待するグローバル・リーダー人材とは」をテーマに、様々な立場からの提言や意見交換を行いました。
まず、当番校である本学を代表して湊 長博理事(総長代理)から「活発な意見交換を期待する」との挨拶があり、引き続き義本博司文部科学省官房審議官(高等教育局担当)からリーディングプログラムの現状や今後の方向性などを含めたご挨拶がありました。
 
次に、基調講演1では、産業界を代表して 堀場 厚 株式会社堀場製作所代表取締役会長兼社長から、「企業がグローバル人材・リーダー人材に期待するもの」と題して、堀場製作所の人事政策の紹介と企業における博士課程修了者に望む役割、在学中における心構えなど、一流企業のトップとして非常に示唆にとんだ講演をいただきました。
基調講演2では、国際機関を代表して ンブリ・チャールズ・ボリコ 国連食糧農業機関(FAO)駐日所長から、「国際機関が求めるリーダー人材」と題して、ご自身が今までに選択された重要な決断や国連機関で仕事をするうえで日本人に期待することなどが述べられました。
 
続いて、各大学リーディングプログラムの修了生・履修生から、「各プログラムにおける人材育成の実際」について具体的な発表がありました。本学思修館プログラムからは、山脇 大 思修館5年生が「思修館における履修の現状と成果(海外武者修行とPBLを中心に)」、岩崎 総則 思修館5年生が「グローバル人材とは何か? -海外で「武者修行」してわかったこと」と題する発表をそれぞれ行いました。2人の発表は、義本審議官や他のリーディングプログラムコーディネーターから高い評価を受けました。
 
次に、パネルディスカッションを行いました。川井秀一思修館プログラムコーディネーターをモデレーター、基調講演をしていただいたボリコ所長、西沢利郎東京大学特任教授、杉山 直名古屋大学プログラムコーディネーター、佐藤 勲東京工業大学プログラムコーディネーター、東島 清本学監事をパネリストとして、「大学が育成するオールラウンド型人材と産・官・国際機関が期待するグローバル・リーダー人材とは」をテーマに意見交換を行いました。フロアからも意見が出されて活発な意見交換が行われ、最後には今後情報交換を行う組織として「AR7大学連絡会」を設けることが満場一致で決定されました。
 
最後に、本学北野理事からの、次回のAR7シンポジウムではさらに実りある議論ができることを期待するとともに、参加者の活躍を祈念するという挨拶で締めくくりました。
 
▼湊理事による開会挨拶
20160915_1 20160915_2
                                   ▲義本審議官による来賓挨拶
▼基調講演1 堀場会長
20160915_3 20160915_6
                                   ▲基調講演2 ボリコ所長
▼思修館5年生山脇君の発表
20160915_5 20160915_4
                                   ▲思修館5年生岩崎君の発表
▼パネルディスカッションの様子
20160915_7 20160915_8
                                   ▲北野理事による閉会挨拶