10月19日(水)から、2020年東京オリンピック等にむけて
京都や東京でスポーツ・文化・ワールド・フォーラムが開催されます。
 
そのイベントの一つ「Culture induced Innovation(文化が革新を創造する)~伝統と革新~」というパネルディスカッションで
河合江理子教授がモデレーターとして出演します。
 
[日時] 10月19日(水)15:00~17:00
[会場] 京都市武道センター 旧武徳殿(重要文化財)
    住所:京都府京都市左京区聖護院円頓美町46-2
[対象] どなたでもご参加いただけます(事前申込制)
 
[モデレーター]
河合江理子(京都大学大学院総合生存学館教授)
 
[パネリスト]
キッゲ・ヴィッド(INDEX: Design to Improve Life® CEO)
スプツニ子!(現代美術家/マサチューセッツ工科大学メディアラボ助教)
エリック・ラジェンドラ(金融コンサルタント/アドバイザー)
細尾真生(京都経済同友会副代表幹事/株式会社細尾代表取締役社長)
 
[開会 合気道の演武]
ジャック・パイエ(無限塾代表/合気道養神館師範)
 
[概要]
世界で活躍されているクリエイターによるパネルディスカッションを開催し、
文化からイノベーションを起こすためにはどのような着眼点が必要か、
文化のイノベーションが経済活動にどのような影響を与えるのかについて語っていただきます。
世界との交流を通じて日本の文化を発信することに加えて、文化と産業が相互に影響を与え、
創造的な活動を新たに生み出していくことを目指します。
ディスカッションの前には演武を実施します。
 
申込や詳細はこちらをご覧ください。
http://wfsc2016.mext.go.jp/programs/
http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000204905.html