HOME >  【2019.01.04】メルマガ vol.070

【2019.01.04】メルマガ vol.070

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━ グローバルリーダー育成 ━━━━

■    京都大学大学院総合生存学館(思修館) – gsais - メルマガ
□                      vol.070, 2019.01.04

━━━http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/    ━━━━━━━━━━━━■□■□■

新年(2019年)のご挨拶
                  京都大学大学院総合生存学館(思修館)
                  学館長 寶  馨

2019年は5月1日に新天皇が即位され元号も改まります。新しい時代の到来です。
2013年4月に創設された私たちの総合生存学館(思修館)も創立7年目を迎えます。
教職員及び学生諸君とともにさらに新たな展開を求めて努力して参る所存です。
これまで御支援御協力いただいて参りました皆様におかれましても倍旧の御指導御鞭撻をお願い申し上げます。

さて、思修館は、これまで細分化されてきた学問分野を俯瞰し、分析から統合への道筋を探る使命を持っています。
わかりやすく言うと、各自が究めてきた学問分野がさらに広い分野の枠組全体に対してどういう意味をもつのか、を考えることです。
そしてさらに広い様々な世界の事柄に対してもつ意味を考えることです。哲学と言っても良いでしょう。
すなわち、蟻の目(狭い学問分野)から地上を見渡す鳥の目に視点を変え、地上全体のあり方を考えることです。
決して蟻を馬鹿にしているわけではありません。蟻は働き者です。このときに人間の目をもちましょう。
日本にある京都にある総合生存学館(思修館)だからこそできる思索と行動を実践し世界を捉えましょう。
そこに文理融合の神髄を見いだすのです。地球社会の持続可能性、生存可能性を見いだすのです。

日本人の美徳の例として、災害直後でも整然と並んで配給を待つ被災民、
ワールドカップの試合観戦の後にゴミを残さない日本人サポーターといった国民性、
健康的で優雅な日本食、浮世絵、禅や日本庭園、古来の武道といった文化なども世界各国から注目されています。
1000年以上も都であり続けた京都という街が有する他にはない歴史と伝統も、世界有数の観光都市として評価されています。
こうした優れた特長を背景に有する日本、京都に位置する思修館は、120年以上の歴史を持つ京都大学のなかでも新しいタイプの大学院として、
新しい方向を示すのにふさわしい存在であると確信します。

大学全体の組織改革が大学改革ではありません。
学生の皆さんの学び方、研究者・教育者及び職員の仕事の取り組み方を変えることが大学改革につながります。
それぞれの立場での専門を究めると同時に世界を眺めてみましょう。

「答えはいくつもある」と良く言われます。でも、実際に取りうる行動は一つです。

さあ、新しい年の出発です!

2019年 正月

※イベントリストはホームページにも掲載しています
http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/event-list/

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━
□ 1月8日(火)18:15~、
  2018年度第2回国際教育セミナー「外務省JPO派遣制度と国際機関への就職、武者修行、PBR等」を開催します。
  対象:本学の大学院生、学部生および教職員
  主催:京都大学大学院総合生存学館(思修館)
  ▼詳しくはこちら▼
  http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/blog/2018/12/12/20190108

□ 1月16日(水)、
  山口栄一教授が、第2回EAJジェンダーシンポジウム「女性参画で工学が変わる、工学を変える」の
  パネルディスカッションに登壇します。
  対象:どなたでもご参加いただけます(無料・事前申込制)
  主催:日本工学アカデミー
  ▼詳しくはこちら▼
  http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/blog/2018/12/05/20190116

□ 1月19日(土) 10:00~、
  Student Mini Workshop on “How AI will change the world” を開催します。
  対象:主に大学院生、学部生(ランチは要申込、締切1月10日)
  主催:人工智慧研究会
  ▼詳しくはこちら▼
  https://aw.gsais.kyoto-u.ac.jp/images/poster20190119.pdf

□ 2月7-8日、
  第11回思修館・卓越セミナー「国際通貨制度と基軸通貨の変遷」を開催します。
  対象:本学の大学院生、学部生、教員・研究者(無料・事前申込制)
  主催:京都大学大学院総合生存学館(思修館)ネットワーク社会研究会
  ▼詳しくはこちら▼
  http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/blog/2018/12/18/20190207-08

□ 3月15-16日、
  「京都大学・ロンドン大学ゴールドスミス校
  アートサイエンス国際シンポジウム Art Innovation」を開催します。
  対象:どなたでもご参加いただけます(事前申込制)
  主催:京都大学大学院総合生存学館(思修館)
     ロンドン大学ゴールドスミス校コンピューティング学部
  ▼詳しくはこちら▼
  http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/blog/2018/12/26/20190315-16

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 活動報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━
□ 第7回国際シンポジウム
  「Let’s work together toward achieving Sustainable Development Goals」を開催しました。
  ▼詳しくはこちら▼
  http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/blog/2018/12/26/20181210-2

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  現在海外武者修行中の学生からの近況報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━
□ 総合生存学館 大学院4年生 藤田萌さんからお便りが届きました。
  6月から約6か月が過ぎた海外武者修行について語ってくれました。
  ▼詳しくはこちら▼
  http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/blog/2018/12/19/20181218

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  遊聞会便り
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━
□  総合生存学館(思修館)同窓会「遊聞会(ゆうもんかい)」の
  メンバーからのお便りをご紹介します。

  第9回目は、平成28年度思修館プログラム修了生の李信恵さんです。
  ▼詳しくはこちら▼
  http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/blog/2018/12/18/20181215

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 思修館学生有志によるFacebookページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━
京都大学大学院 思修館のFacebookページは、学生によって運営されています。
学生ならではのリアルな学生生活を垣間見てください。

□ 強く人の心に響くデザインとは? -Ton-ichi Talk-
  https://www.facebook.com/shisyukan/posts/2059196387501161

□ 第7回国際シンポジウム
  https://www.facebook.com/shisyukan/posts/2054265564660910

□ 11月16日に,前期の授業でお世話になった裏千家の倉斗先生と関根先生を京都大学にお招きして,
  茶会を開き,盆略手前でおもてなししました!
  https://www.facebook.com/shisyukan/posts/2053012121452921

その他ホームページには情報いっぱい。ぜひご訪問ください。
http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/

総合生存学館のパンフレット、紹介動画も是非ご覧ください。
http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/blog/2017/04/11/20170411

平素からのご支援ご協力に感謝申し上げます。
┌─────────────────────────────────┐
京都大学大学院総合生存学館
(文部科学省博士課程教育リーディングプログラム
オールラウンド型「京都大学大学院思修館」実施大学院)
Graduate School of Advanced Integrated Studies
in Human Survivability, Kyoto University
〒606-8306
京都市左京区吉田中阿達1 京都大学東一条館
Email:gsais-magazine@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
▼▼▼http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/   ▼▼▼
└─────────────────────────────────┘
思修館メールマガジンの配信希望または配信停止、バックナンバーについて
こちらをご覧ください。
http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/merumaga