HOME >  【2014.12.04】メルマガ vol.005

【2014.12.04】メルマガ vol.005

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━ グローバルリーダー育成 ━━━━

■    京都大学大学院総合生存学館(思修館) – gsais - メルマガ
□                      vol.005, December 2014

━━━ http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/ ━━━━━━━━━━━━■□■□■

紅葉の美しさが最高潮になったと思ったら一気に冬がやってきました。
先月11月21日には第3回国際シンポジウムを開催し、150名を超える方に
参加をいただきありがとうございました。
世界には様々な要因が複雑に絡まった問題が山積していることを再認識し、
ここで学ぶべき修得すべき力の重要性を実感したところです。

京都大学大学院総合生存学館(思修館)では2015年度入試冬季募集を行います。
出願期間は2015年1月6~14日、入学試験は2月7,8日です。
http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/recruitment/
また思修館ではこのたび、社会人を対象とした
思修館倶楽部(KUELPs:Kyoto University Executive Leadership Program by Shishukan)
を実施することが決まりました。
http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/elp/
本日16:30より総合生存学ミニシンポジウム最終回「国際貢献」を開催します。
http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/symposium/04.html

このユニークで他にはない力を修得することのできるこの教育環境に
飛び込むチャンスをお見逃しなく!

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆  今週の八思の師
     「哲学は科学を、科学は哲学を超える!?」
       ◇藤田正勝先生のおはなし◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━
総合生存学館(思修館)では今、藤田先生の「哲学の時間」が研修施設
でのオフィスアワーで学生たちに大人気です。
すべての学問の根源・基礎となるともいわれる哲学は、学べば学ぶほど、
議論すればするほど、そのおもしろさにはまっていきます。
本学館ならではの科学の話をからめた哲学のお話。
先日行われたミニシンポジウムの内容をご紹介しながらお届けします。

http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/activitiesR/Ractivity_05f.html

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆  BOOM in 思修館     ◇京都の芸術と伝統をとりいれた環境◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━
日本文化の中心都市「京都」に培われ受け継がれてきた
多様な芸術と伝統文化を日々の暮らしと環境の息吹に感じて、
思索と学習に臨む合宿型研修施設をもち、また学生たちが
グローバルリーダーに必要な様々な素養を、共通基盤科目の芸術科目
から学ぶ環境を整備しています。
最近シリーズ化しつつあるカリキュラム紹介を織り交ぜつつ、
芸術に囲まれたユニークな教育環境のお話をお届けします。

http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/activitiesE/Eactivity_05a.html

━◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  お知らせ (イベント情報、入試情報)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆━
□ 第2回総合生存学ミニシンポジウム・シリーズ最終回
     2014.12. 4, 16:30-18:00 京都大学吉田南1号館2階1共22演習室にて
     「国際貢献ーJICA・国際機関の視点から」
□ 入試説明会とミニ講演・最終回
     2014.12. 9, 18:00-19:30 京都大学 百周年時計台記念館にて
     「人類生存における化学の役割」
□ 平成27年度冬季学生募集 出願書類受付
     2015.1.6-14(郵送のみ, 1/14 17:00必着)
     詳しくはホームページの入試情報
     http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/recruitment/
     をご覧ください。

その他ホームページには情報いっぱい。ぜひご訪問ください。
http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/

次号vol.006は12月17日(水)に配信の予定です。
平素からのご支援ご協力に感謝申し上げます。
┌─────────────────────────────────┐
京都大学大学院総合生存学館
(文部科学省博士課程教育リーディングプログラム
オールラウンド型「京都大学大学院思修館」実施大学院)
Graduate School of Advanced Integrated Studies
in Human Survivability, Kyoto University
〒606-8501
京都市左京区吉田近衛町69 近衛館2階
Email:gsais-magazine@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
▼▼▼ http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/ ▼▼▼
└─────────────────────────────────┘
思修館メールマガジンの配信希望または配信停止についてはこちら
http://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/magazine/
でお申し込みください。
バックナンバーの配信希望は直接メールでご連絡ください。