HOME>教育 /特徴的な開講科目>プロジェクトベースリサーチ

プロジェクトベースリサーチ

イメージ

活動の概要等

5年次は、1~4年次の特別研究ならびに特殊研究で得た成果と、それらを社会実装へ展開する将来構想、およびインターンシップやフィールドワーク(海外武者修行)などの海外実践教育での経験を活用した集大成として、学生自らプロジェクトを企画立案し実施します。
5年次末までに、プロジェクトの結果をもとに、将来構想、方法論、仮説の検証などを反映して、学位論文を完成させます。

指導体制

実施にあたっては、予算、実行にかかる人員の調達、関係各所との調整、法的および経営的な作業などを学生自らが、リーダーシップを持って仲間と共に実行します。必要な資金は、本プログラムの独自公募により獲得するほか、諸団体や一般企業からスポンサーを募り、学生自身の手で資金獲得も行います。

評価方法と基準

「分野横断的・連還的に総合課題を解決する企画・実行力、交渉力、発信力の獲得が十分になされたか」という観点から、提出されたレポートおよび当該内容のプレゼンテーションをもとに複数指導教員制度に基づき、合議により判定します。

▲ このページの先頭へ