HOME>教育 /特徴的な開講科目>フィールドワーク(海外武者修行)

フィールドワーク(海外武者修行)

イメージ

目的

4年次には各自の専門研究と研究成果を社会へ展開する将来構想に基づき、「フィールドワーク(海外武者修行)」として国際実践教育を行います。フィールドワークでは、グローバルな視点で自らの位置取りを行い、意識改革に加えて、責任感、実践力を一体的に育成します。

派遣機関

イメージ

活動場所は国際機関や日本の機関の海外拠点とし、指導教員およびメンターと相談の上、選択します。

  • 政府機関
  • 公的機関
  • 国際機関
  • 企業
  • NGO など

活動の概要

イメージ

以下のような内容を、実務を通して遂行しつつ、総合生存学に関する自らのテーマを海外で展開し、課題解決策と実効的推進策の策定に向けて、実践的経験を理論化します。

  • 調査、現状/動向分析
  • 政策立案から政策運営および施策の実効性にかかる実態調査
  • プロジェクトの計画、実施、評価
  • 各種交渉への参加
  • 成果の国際セミナー等での発表  など

指導体制

フィールドワークは長期間にわたることから、指導教員が日常的にメールやスカイプなどで連絡を取り、また定期的に巡回指導することにより、対面して学生を支援します。

評価方法と基準

「総合生存学に関わる自らのテーマを国際社会の中で展開し、その実践的経験を課題解決策および実効的推進策の定式化に活かせたか」という観点から、提出されたレポートおよび当該内容のプレゼンテーションをもとに、複数指導教員制度に基づき、合議により判定します。

▲ このページの先頭へ