HOME>教育 /教育方針

教育方針

アドミッションポリシー

イメージ

諸分野を束ね進化させて、地球規模課題のような諸要因が複合・複雑化している領域において研究をやり遂げる意欲、基本的能力と教養、倫理性を兼ね備え、総合生存学を修得して、学術の総合化と国際社会展開に参加しようとする人材を求めます。
世界的な社会課題を自ら研究する強い興味と関心を持ち、解決に必要な専門分野の知識と研究力を有していること。さらに、それらを実装する方法論を研究し、実行できる専門的研究能力と、強い意欲および高い志を有するグローバルリーダーをめざす人材を求めます。

カリキュラムポリシー

国内外の複数の教員・指導者との対話を通じた発展的な自学自習や産官学の参画による人材養成を介して、研究企画の策定と実行力及び社会への説明力、研究チームを国際的に組織し諸領域の学術知を駆使する「総合生存学」を諸分野へ創造的に展開できる応用力、その背景となる多様な専門分野を俯瞰し、選択必修化された英語による主要科目の履修や、国内外インターンシップ等の実践教育を通じて課題解決能力等を育成する国際標準となりうる総合生存学カリキュラムを編成・実施します。
なお、「総合生存学」の修得を強固にするため、他研究科が開講する専門科目の聴講を奨励します。

本大学院では、高度な専門的知識とその応用能力、俯瞰的なものの見方などを体系的に修得できる専門科目と共通基盤科目を展開し、3次にわたる Qualifying Examination による質の保証制度を導入して、5年間の一貫した博士教育課程を提供します。

ディプロマポリシー

  1. 1)高い倫理性と志並びに強固な責任感を持ち、多元的価値観と多極的世界観を備え、地球社会の調和ある共存に寄与することができる資質と能力を備えていること。
  2. 2)グローバル社会において自立して活動し、高度な専門職に従事するために必要な理論と実務の双方の能力を備え、職業的倫理を深く理解していること。
  3. 3)多様な価値基準が交錯する現代的社会課題を深く理解し、関連する諸問題を含め、バランス感覚を持ってそれに対応し、解決に導く実現可能性のある手段や方法の選択肢について熟考ができること。
  4. 4)公共的な使命を果たすに相応しい強い倫理的責任感を持ち、幅広い分野で指導的な役割を担う個性的な優れた人格を兼ね備えていること。
  5. 5)学術的意義、新規性、先進性、独創性、応用的価値を有する論文を完成させ、研究の企画推進能力、研究成果の論理的説明能力、当該研究分野をはじめ関係領域にも関連する幅広い専門的知識、学術研究における高い倫理性を有していること。
  6. 6)複雑かつ複合的な諸課題に対して、総合的な視野から先駆的・独創的な学術研究を遂行することができること。
  7. 7)本大学院の修了要件は、原則として5年以上在学し、別に定める「修了に必要な単位数」を修得し、研究指導を受け、かつ、本大学院の行う博士論文の審査及び試験に合格することである。

▲ このページの先頭へ