HOME >  大学院生紹介 >  関 大吉

Graduate student referral

関 大吉 / 2016年入学生

所属 総合生存学館
専門 太陽物理学
研究室 理学研究科附属天文台

思修館での学びを通じて
異分野交流、異なる学問分野の学⽣や先⽣と気楽に議論ができる環境というのは、単純に新たな知⾒が得、⾃分の視野を広げるのに役⽴っています。

 

研究内容
⾼度に科学が発達した現代においては、太陽という⼀つの恒星が⼈類の⽣存を脅かす恐れがあります。普段、太陽はフレアという爆発を⼤なり⼩なり起こし、宇宙空間にプラズマや電磁波を放出しているのですが、数⼗年に⼀度⼤爆発を起こし、⼤量のプラズマと電磁波をばら撒きます。この⼤量のプラズマと電磁波により、⼈⼯衛星の故障、⼤規模停電、宇宙⾶⾏⼠や⾶⾏機搭乗者への⾼濃度放射線被曝が危惧されており、先進国、特に⼈⼯衛星を多く保持するアメリカでは国家規模でその対策が求められています。
この問題への⼀つの対応として、地上望遠鏡を⽤いた太陽⾯爆発予測や、災害的規模の爆発が起こった際にどのような社会・経済的影響があるのか、について研究しています。

 

出版物

1. Seki, D., Otsuji, K., Isobe, H., Ishii, T. T., Ichimoto, K., Shibata, K., ‘Small-scale motions in the solar filaments as the precursors of the eruptions’, Publications of the Astronomical Society of Japan, The Astronomical Society of Japan, (arXiv:1902.08718), 2019, in press
2. Seki, D., UeNo, S., Isobe, H., Otsuji, K., Cabezas, D. P., Ichimoto, K., Shibata, K., ‘Space Weather Prediction from the Ground: Case of CHAIN’, Sun and Geosphere, BBC SWS Regional Network, 13(2), 157–161, 2018
3. Otsuji, K., Seki, D., Ishii, T. T., Ichimoto, K., ‘Monitoring of Solar Eruptive Events by SMART/SDDI and its Application to the Space Weather Forecast’, The Astronomical Herald, The Astronomical Society of Japan, 111(8), 518–527, 2018
4. Seki, D., Otsuji, K., Isobe, H., Ishii, T. T., Sakaue, T., Hirose, K., ‘Increase in the amplitude of lineof-sight velocities of the small-scale motions in a solar filament before eruption’, The Astrophysical Journal Letters, The American Astronomical Society, 843(2), L24(5pp), 2017

 

個人サイト
日本語: http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/~seki/ja/
English: http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/~seki/

 

京都大学飛騨天文台太陽磁場活動望遠鏡(2016年8月)

 

国際学会 “United Nations / United States of America Workshop on the ISWI“ にて。(2017年8月)