HOME >  大学院生紹介 >  大村 榛菜

Graduate student referral

大村 榛菜 / 2016年入学生

所属 総合生存学館
専門 教育学
研究室

思修館での学びを通じて

思修館では人(教員、思修館生)との距離が近く対話がしやすい環境にいられること、専門でなくても茶道からサイエンスまで様々な分野において探究することが出来ること、各種講演会や研究会、学生主導のイベントなど授業外でも様々な学びの場があるなどの良さがあります。これらの機会をいかに活用しつつ自分の専門を深めるかについて自分なりのバランスを見つけつつ、領域を拡げたいと思います。

研究内容

学校教育によって、どのように充実した幸せな人生を生きる手助けをするか、子どもたちのwell-beingをいかに向上させるか、ということをテーマとしています。特に、2000年代から研究・実践が盛んになり始めたポジティブエデュケーション(positive education)を対象にしています。

ポジティブエデュケーションは、1990年代以降活発になったポジティブ心理学の知見を学校現場に応用したものです。(よく間違われますが、ポジティブ思考とは別物です)

現在は、ポジティブエデュケーションの分野で先進的とされるオーストラリアをフィールドとして、学校での事例研究を行っています。