HOME >  大学院生紹介 >  塩山 皐月

Graduate student referral

塩山 皐月 / 2016年入学生

所属 総合生存学館
専門 比較教育学
研究室 教育学研究科 比較教育政策学講座 比較教育学研究室

思修館での学びを通じて

思修館では文理の学問にわたる専門学識を学び、学問分野の垣根を越えて世界を俯瞰的に観る力を養います。また、バックグラウンドが異なる学生同士で討論を行い、自分にはない視点を知る事ができます。こうして広い視野を身に付けるとともに、それぞれの研究科にて、研究や調査を行い、深い専門的能力を高めます。世界を細部に渡って知る事は容易なことではありません。もちろん先が見えず、不安なことはありますが、それらの要素は別の捉え方をすると可能性を秘めているとも言えます。この思修館において刺激的で密度の濃い学びを通して、自分の可能性を広げていきたいと思っています。

研究内容

現在、世界のジェンダー平等を達成すべく、女子教育の推進が国際的な課題となっています。私は、20世紀初頭に活躍したインドの女性教育家に注目し、彼女の思想を文献から読み解き、また様々な文化背景の下で行われている、現在のインドの教育活動を研究しています。この研究を通して、複雑な文化背景を持つ国々において現在行われている国連やNGOの活動がより効果的に行われるよう考察を試みています。また、インドと日本の教育比較に研究を通じて、進路先として希望している国際NGOでの女子教育普及に向けた取り組みに役立てたいです。