HOME >  大学院生紹介 >  土田 亮

Graduate student referral

土田 亮 / 2017年入学生

所属 総合生存学館
専門 災害人類学
研究室 指導教員 寶馨教授
委託教員 地球環境学堂 地球親和技術学廊
     人間環境設計論分野 小林広英准教授

思修館での学びを通じて
研究は真摯に、好奇心を持って科学的根拠に基づきながら分析・考察することが何より大事です。一方で現実世界と研究を結びつけるには、問題の根本まで遡り全体を俯瞰した上で議論し、実証するということを一貫してやらなければ、研究と実践は双方向性を持たず意味をなさないと私は考えます。地球・人類・社会の生存に関わる専門家一人一人が現場や研究各々の最先端に閉じこもるのではなく、思索し、実行し、評価できるような総合的な視点を持ち、しなやかなリーダシップを発揮できる人材が日本・世界において求められていることを学部時代に全身を通して思い知らされました。
研究と実践の両方に対して本気で取り組みたいと考えた私は、この2つを行き来しながら両立を極める総合生存学と思修館の存在を知り、迷わず思修館の進学を決めました。思修館では、専門を極めることにとどまらず、人間力や現場突破力を養成する熟議やインターンシップ、海外武者修行、PBRといった非常にタフで魅力的なカリキュラムが組み込まれています。「思」「修」両立のための研鑽はとても厳しいものでしょうが、それらを越えた自分や将来がとても楽しみで、そのために学生・教員とともに刺激的な日々を過ごしたいと思います。また、合宿型研修施設や複数指導教員制度、テーラーメイドカリキュラムなど、前例のない手厚い学業面や生活面のサポートにはとても感謝しており、広く深く学ぶために十分に頼りたいと思います。
これらの思いや環境を通して、将来は急激な都市化・スラム化、また、防災に携わる国連職員及び研究者になるべく、日々邁進しています。

 

研究内容
近年において、気候変動に伴い自然災害、特に気象学・水文学的事象の数は年々増加しています。自然災害の防災・減災に資する研究を行うためには、その現象に対する理学的な理解と、物理的な被害を低減するための工学、そして、生活の支えになっている居住環境やインフラ、在来知、そして、社会システムを分析した社会科学的アプローチの統合が必要であります。従来、国内外の災害研究において理工学的な視点からの研究が充実していました。しかし、実際の地域の復興に際して被災者や政府・NGO関係者等の対応をつぶさに記録し、復興が成功/失敗する要因を人文社会科学的な分析する研究と理学・工学の研究と結びつくことで、初めて持続可能なインフラ整備や社会システム構築を実現できると言えるでしょう。本研究は、被災後の住民の居住環境の実態と変化が、ソーシャル・キャピタルのあり方とどのように相互作用しているかに着目して、災害復興の課題を明らかにすることを目的としています。
そのため、現在、本研究の研究対象地として、スリランカの南西部に位置し、2016年及び2017年の水文気象災害で連続して被害を受けた都市部のコロンボ市及び山間部のラトゥナプラ市に焦点を当てています。本研究の目的は、2016年5月及び2017年5月にスリランカ南西部で発生した豪雨による洪水及び地滑りの被害が地域住民の居住環境に及ぼした影響及び持続可能な復興に資する分析により要因を明らかにすることです。具体的には、住民や行政の職員へインタビュー、アンケート、参与観察を通して住民の生活形態、知識、そして、コミュニティベースの体制として、避難した場所、災害に対する考え方、自主防災組織や体制、防災計画の有無とその運営方法などを包括的かつ重層的に理解することを目指しています。

 

個人サイト
https://dothen74boc.wixsite.com/tsuchida-ryo

 

活動紹介
スリランカで被災地調査を行いました。(2018.04.05公開)
https://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/blog/2018/04/05/20180325