総合生存学館(思修館)とJX金属株式会社は、2020年1月に「SDGs実現に向けた包括共同研究促進協定」を締結し、2020年5月に総合生存学館(思修館)に「SDGs達成に向けた地球社会レジリエンス共同講座」を設置しました。
 
本共同講座は、SDGsの実効的な実現に向けて、産学の英知を結集して具体的な共同研究課題を発掘・抽出・研究するとともに、これに係るグローバルイシューへの解を提供するとの観点から、本研究促進を図り、もって国際貢献、学術研究及び教育の発展に寄与することを目的としています。
 
本共同講座は、総合生存学館(思修館)の橋本道雄特定教授、清水美香特定准教授が担当しています。5月11日に最初のイベントとして、JX金属株式会社の取締役、関係者に対し、オンラインにて両担当教員の研究分野、内容の紹介が行われました。橋本特定教授からは、「Energy Transition -エネルギーをめぐる政策、技術、ビジネスのゆくえ―」、清水特定准教授からは、「協働知創造のレジリエンス(SDGsに見られる社会問題群の複雑性・不確実性を重視した問題解決型アプローチについて)」の講演があり、各講演後には質疑応答の時間も設けられ、有意義な講演会となりました。
 
今後は、課題抽出等に向けて総合生存学館(思修館)教員・研究員・学生とJX金属株式会社社員との相互交流からスタートし、SDGsの実現に貢献するよう活動してまいります。
 
■SDGs達成に向けた地球社会レジリエンス共同講座 担当教員
 
京都大学大学院総合生存学館(思修館)特定教授 橋本道雄 
専門分野:エネルギー政策、エネルギー技術、国際協力
 
京都大学大学院総合生存学館(思修館)特定准教授 清水美香 
専門分野:公共政策、社会システム、レジリエンス、組織ガバナンス、災害リスクマネジメント
 
参考:
ニュース 「SDGs実現に向けた包括共同研究促進協定」の調印式を行いました
https://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/blog/2020/01/24/20200122