土佐尚子特定教授の共著書『もっと!京大変人講座』が、2020年04月01日に三笠書房から出版されます。
同書の中で、土佐特定教授は「<アート&テクノロジー学の教室> アートはサイエンスだ!」を執筆しています。
 

 
『もっと!京大変人講座』
酒井 敏 (著), 市岡 孝朗 (著), 伊勢田 哲治 (著), 土佐 尚子 (著), 嶺重 慎 (著), 富田 直秀 (著), 越前屋 俵太 (著)

 
出版社: 三笠書房
ISBN: 978-4837928232
単行本: 272ページ
言語: 日本語
 
概要:
京大変人講座とは京都大学で実際に開講している講座で、様々な先生がそれぞれの研究分野を、より身近に楽しく伝える公開講義です。この講座の中で土佐先生は、アート&テクノロジーの分野について自らの経験を通して感じた、まだ皆さんの知らないイノベーティブなアートの面白さと可能性ついて話されています。ぜひご覧ください。
 
目次:
はじめに ようこそ! 京大変人講座へ!
<熱帯生態学の教室> アリ社会の仁義なき掟 市岡孝朗(人間・環境学研究科 教授)
<科学哲学の教室> 曖昧という真実 伊勢田哲治(文学研究科 准教授)
<アート&テクノロジー学の教室> アートはサイエンスだ! 土佐尚子(大学院 総合生存学館 アートイノベーション産学共同教授)
コラム 京大における「変人」とは? <前編>
<宇宙物理学の教室> そうだ! 宇宙に行こう! 嶺重慎(理学研究科 教授 宇宙総合学研究ユニット長)
「できない」から「できる」んだ 富田直秀(大学院 工学研究科 教授)
コラム 京大における「変人」とは? <後編>