▲本研究の概要図

 

森信人 防災研究所教授、志村智也 同特定助教、Adrean Webb 同特定研究員、Kamranzad Bahareh 総合生存学館(思修館)/白眉センター特定助教らの研究グループは、世界21機関の研究グループ(米国:USGS、オーストラリア:CSIRO、カナダ:環境・気候変動省、英国:国立海洋センター他)と共同で、世界の海岸線の約50%が、21世紀末に波浪特性変化のリスクにさらされていることを明らかにしました。
 
研究成果の内容は、京都大学ホームページで詳しく紹介されています。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190820_1.html
 
国際学術誌「Nature Climate Change」のオンライン版
https://www.nature.com/articles/s41558-019-0542-5
査読有り
 
Morim J, Hemer M, Wang XL, Cartwright N, Trenham C, Semedo A, Bricheno L, Camus P. Casas-Prat M, Erikson L, Mentaschi L, Mori N, Shimura T, Timmerman B, Aarnes O, Breivik Ø, Behrens A, Dobrynin M, Menendez M, Staneva J, Wehner M, Wolf J, Kamranzad B, Stopa J, Webb A, Young I, and Andutta F, (2019) Robustness and uncertainties in global multivariate wind-wave climate projections. Nature Climate Change.