▲拡大するicon_pdf

今年横浜で開催されるTICAD7オフィシャルサイドイベントのお知らせです。 
 
「A Workshop on Promoting Private Investment in Renewable Energy in Africa」というタイトルのTICADサイドイベントは、アフリカの再生可能エネルギー分野に焦点を当てたワークショップです。投資への機会や障壁、農村電化における民間部門の役割、再生可能エネルギーによる普遍的なアクセスを促進するための政策提案の取り組みなどについて議論をします。
 
本イベントでは、政府機関、国連機関、学界、民間部門、シビルソサエティの関係者をお迎えし、多様な視点をもちながら、実りある議論を実現することが期待されています。プレゼンテーションの後、観客の方も参加頂きながらパネルディスカッションを行います。セッションは、アフリカにおける再生可能エネルギーへの民間部門投資を促進するための効果的な政策に関する最終発言で締めくくりを予定しています。
 
多くの方のご参加をお待ちしております。
TICAD7オフィシャルサイドイベントの参加は現在受付中です。登録料は無料です。
 
TICAD7に関する詳細は以下のリンクにて確認できます。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ticad/ticad7/index.html
 
以下概要にて実施いたします(添付のチラシもご参照ください)。 

 

イベント名 A Workshop on Promoting Private Investment in Renewable Energy in Africa
日時 2019年8月27日(火)10:30 – 12:00
会場 パシフィコ横浜アネックスF201 アクセス
対象 どなたでもご参加いただけます。
参加費 無料
参加登録 以下の登録サイトよりご登録願います。
https://forms.gle/WNka46XY8cZseRWd6
スピーカー • アヨデレ・オジュソーラ(国連開発計画(UNDP)南アフリカ Resident Representative)
• ジャンクロード・マスワナ(立命館大学大学院経済学研究科教授)
• 日本植物燃料株式会社
• チャールズ・ボリコ(京都大学大学院総合生存学館(思修館)大学院生)
<司会進行>ディミター・ヤルナゾフ(京都大学大学院総合生存学館(思修館)教授)
プログラム 10:30 – 10:35 紹介
10:35 – 11:15 プレゼンテーション
11:15 – 11:45 パネル・ディスカッション
11:45 – 11:55 政策提案
11:55 – 12:00 まとめ
使用言語 英語(通訳なし)
問い合わせ チャールズ・ボリコ(京都大学大学院総合生存学館(思修館)大学院生)
boliko.mbuli.32w @ st.kyoto-u.ac.jp
ディミター・ヤルナゾフ(京都大学大学院総合生存学館(思修館)教授)
ialnazov.dimitersavov.8w @ kyoto-u.ac.jp