磯部洋明准教授、宇宙総合学研究ユニットの呉羽真研究員、文学研究科の伊勢田哲治准教授らのグループは、「将来の宇宙探査・開発・利用がもつ倫理的・法的・社会的含意に関する研究調査報告書」を2018年2月23日に発行しました。これは、現在提案されている国際有人宇宙探査計画に関わる問題や、宇宙資源開発や宇宙旅行を含む民間宇宙ビジネスに関わる問題、宇宙技術のデュアルユースの問題など、今後の宇宙活動に伴う諸課題を取り上げ、多様な専門分野の知見に基づいて考察を加えたものです。本プロジェクトは、科学技術の「倫理的・法的・社会的含意(ELSI:ethical, legal, and social implications)」に関する研究の中で、宇宙活動をテーマにした専門的・網羅的な学術研究としては、世界初の取り組みです。
 
研究成果の内容は、京都大学ホームページで詳しく紹介されています。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/180223_1.html
 
2018年2月23日(金)の京都新聞(朝刊31面)に掲載されました。
 
2018年2月23日(金)の日経新聞(朝刊)に掲載されました。日経新聞ホームページからご覧ください。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27257030S8A220C1CR8000/