2017年11月8日および11月21日のニュースでお知らせした、2017年10月20日に名古屋マリオットアソシアホテルにて開催された博士課程教育リーディングフォーラム2017の学生ポスター発表受賞者4名からコメントが届きました!

Academia Future Leader Award受賞
長沼祥太郎さん(大学院5年生) 専門分野:教育学

今回、僕を含め学術、産業、国際の3部門で合計4つの賞を取ることができました。大変素晴らしいことだと感じています。これを機に、学館生のみなさんには更に思修館を盛り上げてほしいと思います。また、大学院進学を考えている方には、こうした思修館の多様な強みを知って、ぜひとも興味を持っていただければと思います。

International Future Leader Award受賞
パン宇年さん(大学院3年生) 専門分野:芸術

思修館の学生が3部門で賞をとれたことに驚きましたが、思修館の教育方針と深く関係しているのではないかと思いました。思修館では、研究と勉強に専念するのみならず、発表や実践、リーダシップなどにも重点を置いています。今回、リーディングプログラムフォーラムにて評価をいただき、思修館の学生の自信につながればとても嬉しいです。

Industrial Future Leader Award受賞
前田里菜さん(大学院2年生) 専門分野:生命科学

今回、このような賞をいただけたこと、大変うれしく思います。多くの方に、思修館での活動や学びについて知っていただけたと同時に、様々な意見をいただくことができました。これらを今後のプログラム活動に向けた励みとし、思修館を盛り上げていければと思います。

International Future Leader Award受賞
関大吉さん(大学院2年生) 専門分野:宇宙科学

国際的に活躍されている方々から、一定の評価をして頂けたことは、大変励みになります。これからも気を緩めることなく、引き続き頑張って行きたいです。

 


フォーラム当日の様子や受賞に関する記事
https://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/blog/2017/11/08/20171020
 
2017年11月20日に学館長室にて行われた表彰の様子
https://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/blog/2017/11/21/20171020-3
本フォーラム幹事校の名古屋大学から届いた表彰状が、寶馨総合生存学館長と川井秀一プログラムコーディネーターの両名から労いのことばとともに贈られ、受賞者4名の健闘を称えました。
 
博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2017のホームページ
http://www.leading.nagoya-u.ac.jp/LF2017/

 

        ▼左から川井プログラムコーディネーター、前田さん、長沼さん、寶総合生存学館長

 

左から川井プログラムコーディネーター、パンさん、関さん、寶総合生存学館長▲