2017年8月5日に泉特定教授が関係している能登・真脇遺跡の縄文小屋が完成し、
完成イベントがありました。その後も真脇縄文館が中心になって、
縄文時代に関する多くのイベントが行われています。
http://www.mawakiiseki.jp/news.html
 
「縄文小屋」とは、縄文時代と同じ道具と材料で作った住居です。
完成後はボランティアの皆様の協力を得て、建てた住居内で、
縄文時代の生活に関する様々な実験を行う予定です。
現在は水曜から日曜日の毎日、炉に火を焚いて室内を乾燥させています。
炎がでない程度で火を焚くと煙がほとんど出ず、
雨の降る時の茅葺き住居でも、内部は快適であることがわかりました。


▲2016年11月6日時点。
 

▲縄文小屋が完成!(正面)
 

▲縄文小屋が完成!(横から)
 

▲近くに生えるからむし(苧麻)で作った貫頭衣を身につけた泉特定教授。縄文小屋の囲炉裏の前で。