▲▼オンライン講義をしている様子


 

2017年6月14日(水)に東南アジア教育大臣機構(The Southeast Asian Ministers of Education Organization)のオンライントレーニングにおいて、UNESCO-IICBAを代表して”Secondary Education in Rwanda and Kenya”という題目でオンライン講義を行いました。
 
UNESCO-IICBAとSEAMEOのコラボレーションということで、ケニアで10年以上先生の経験があり現在IICBAのスタッフであるPeterさんと先陣をきらせていただきました。参加者の多くの方が、ASEAN諸国における中学や高校の先生ということもあり、日頃触れることのないアフリカの教育ということに関して、専門的すぎずしかし興味をもってもらえるような講義にしようと心がけました。質疑応答では色々な質問がとびかい、少なからず関心をもっていただけたかなと思います。また、プレゼンテーションの作成過程では、Peterさんとルワンダとケニアにおける教育に関して有意義な議論ができ大変良い経験になりました。
 
東南アジア教育大臣機構ホームページ
http://www.seameo.org/SEAMEOWeb2/index.php?option=com_content&view=article&id=630:lecture-info-3&catid=168&Itemid=636
 
総合生存学館 大学院4年生 高橋朝晴