▲アウンサンスーチー氏の右側が野村亜矢香さん

11月3日、京都大学稲盛財団記念館で行われたアウンサンスーチー氏(ミャンマー連邦共和国国家最高顧問)と学生との対話会に、ミャンマーとの交流が深い学部・研究科の代表として、総合生存学館2年生の野村亜矢香さんが登壇しました。野村さんは総合生存学館2年次の海外インターンシップで、2016年夏にミャンマーの農村部の調査に入った経験もあります。
 
学生8名が登壇し、それぞれの質問に同氏が答える形で対話会は進められました。アウンサンスーチー氏は、学生からのさまざまな質問に一つ一つ真摯にお答えになり、学生たちも深く感銘を受けた様子でした。約150名の参加者も熱心に聴き入り、ときに笑いが会場をつつむ和やかな会となりました。
 
動画が以下で公開されています。是非、ご覧ください。
 
京都大学ホームページ
http://ocw.kyoto-u.ac.jp/en/international-conference-en/58/video