3月21~22日、インド・シッキムのガントクで行われた「生存学に関する京都大学とシッキム大学の共同ワークショップ」に参加しました。

 

On March 21-22, 2016, Professor Masao Mitsuyama (GSAIS & Director of the Hakubi Center), Associate Professor Marc-Henri Deroche (GSAIS & Hakubi Alumnus), with other delegates from the Hakubi Center, attended the “Kyoto University and Sikkim University Joint Workshop on Human Survivability,” at Sikkim University, Gangtok, followed by several meetings with officials and visits in Sikkim, North-East India.
                                                    Associate Professor Marc-Henri Deroche
 
2016年3月21〜22日に光山正雄教授(総合生存学館/白眉センター長)、マルク=アンリ・デロッシュ准教授(総合生存学館/白眉センター卒業生)と他の白眉センターの代表者がシッキム大学(ガントク、北東インド)において「生存学に関する京都大学とシッキム大学の共同ワークショップ」に参加し、シッキムの官憲と会議、見学をしに行って来ました。
                                               マルク=アンリ・デロッシュ(総合生存学館准教授)


  ▼ Signing of MoU between Kyoto University and Sikkim University, Gangtok
    京都大学とシッキム大学の了解覚書(MoU)のサイン

Photo-1  Photo-2

Session of the Kyoto University and Sikkim University Joint Workshop on Human Survivability, at Sikkim University, Gangtok ▲  
「生存学に関する京都大学とシッキム大学の共同ワークショップ」のセッション    


  ▼ Meeting with officials at the Human Resource Development Department, Government of Sikkim, Gangtok
    人材開発部(シッキムの政府、ガントク)の官憲と会議

Photo-3  Photo-4

Visit of the Namgyal Institute of Tibetology, Gangtok ▲  
ナムギャルのチベット学研究所(ガントク)での見学