京都大学では、全員参加型で環境負荷を低減する「持続可能なキャンパス(サステイナブルキャンパス)」の実現を目指した活動を行っており、「エコ〜るど・京大」を定期的に開催しています。
今年のエコ〜るど・京大:初夏の陣(2015年6月)では、こういった活動に関連した研究を行っている研究者によるオープンラボをリレー形式で開催します。
総合生存学館(思修館)からは、ヤルナゾフ教授、山敷教授、磯部准教授の3名がルネに登場します。
ぜひ思修館教員も研究活動についてお話を聞きにいらしてください!詳細はこちら