HOME >  研修施設「船哲房」アート②

研修施設「船哲房」アート②

研修施設「船哲房」では12点の美術品を展示しています。
研修施設「船哲房」の完成時に、Art Meets Peopleさんから美術品を寄贈していただきました。
 
日本文化の中心都市「京都」に培われ受け継がれてきた
多様な芸術と伝統を日々の暮らしの息吹に感じて、思索と学習に励む環境を創り上げるためです。

「二つの虚と実」
2006年
油彩画 76cm×183cm
□は○に・○は□に(虚と実・実は虚)
 
浅野修
北海道帯広市生まれ
多摩美術大学油画科卒
主体美術協会会員、日本ガラス絵協会会員
 
1989年  十勝毎日新聞社70周年企画 浅野修展
 
2000年  春WHC企画「浅野修油彩画展」
     (ロンドンDaiwa Foundation Japan House日英基金支援:
      英国日本国大使館・オックスフォード大学・ケンブリッジ大学)
 
2001年  「Japan2001 浅野修と巣兆(江戸時代の俳画人)展」
     (日本国大使館企画:ロンドン)
      国際交流基金・ダイワファンディション基金他
 
2001-02年 同移動展
     (セントド-ナッツアートセンター企画:ウェールズ・カージス基金・笹川財団基金)
 
2007年  北海道立帯広美術館「浅野修展」
     (主催:浅野修展実行委員会・十勝毎日新聞社)
      NHK新日曜美術館(本編)「浅野修展」
      馬小屋時空の転写「北海道 浅野修と市民300人の新しいアート」
 
2008年  NHK新日曜美術館(本編)「千年の森響き合う森とアート」
     7人の作家の中、浅野修作「厩構造と投影(虚と実)」
 
2013年  浅野修・神田日勝生誕75年記念展(神田日勝記念美術館企画)
     庭園アート作品設置、他 作品収蔵多数。